六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】いける!自分の英語力をぐーんと改良できる戦略ノートのつくり方

girl-990585_640.jpg


六単塾の祐樹です。今日は「自分の英語力をぐーんと改良できる戦略ノートのつくり方」をお教えします。


先日、以下のご相談をいただきました。


「おかげさまで英語を楽しく続けられています。そこでご相談です。「あ、こうすればいいんだ!」という気づきがあれば、英語力が効率的に伸びる気がします。英語で気づきを得るためには、どうすればいいでしょう?アイデアありましたら教えてください。」


僕は「気づき」や「アイデア」は天から降ってくるものだと思っています。なんでもないときに、突然きゅーんと頭に降りてくる。その「気づき」のおかげで、英語でも受験でも仕事でも、これまで何度も助けられてきました。


でも、そんな気づき・アイデア、どうやれば天から降りてくるのだろう。


いい方法、ございます。



【解決法】

戦略ノートとペンを用意する。

移動するときは必ず携帯する。

お絵かき帳のように書く。



「気づき・アイデア」は天から届きますが、届かせることができます。そのためには、ツールが必要です。僕は「ノートとペン」があればいいと考えている。


ノートといっても、どこにでも売っている大学ノート。ペンといっても、100円で買えるただのボールペン。ただしペンにはこだわりがあってUniballのsignoでなければダメ、ではあるけれども・・・・文房具屋に行けば、どこでも買える代物です。


しかし、このペンとノートが、僕の人生を変えてきました。


僕がしたことは簡単で、「あぁーなんでこれうまくいかないんだろうなぁ・・・」と問題を抱えているときに、それについて適当に書きなぐっただけです。


たとえばネイティブの英会話のスピードに全然ついていけなかった問題を感じていた時は、次のようにノートに書きなぐってました。


「英会話のリスニングがぜんぜんついていかない。なぜ?課題はどこにあるんだろう?自分のセンス?話し方?勉強量?英単語がわからない?以上の4点の問題が考えられるかな。そのうち、1個1個つぶしていくと、自分のセンスは・・・これはどうしようもないな。話し方?話し方とリスニングは現時点では関係ない気がする。勉強量?何を勉強するかにもよるな・・・」


こういう感じで、ただ頭に思いついたことを、ノートに書いただけなんです。が、これが効いた。


不思議なもので、「ノートに書けば書くほど、何かしら新しい問題と解決法がでてくる」ものなんですよね。頭に思いついたことだけではなく、頭の内容を整理するためにノートを書いていると、そこからさまざまなアイデアや気づかなかった盲点が浮かび上がってくるものなのです。


1回ではアイデアもでてこないときもあるけど、何度か書いてると、自然とアイデアが生まれてくるものなんですよね。このアイデアは、頭の中で考えているだけでは絶対に浮かんでこないと僕は思う。


そして、そうすると10回に1回ほどの確率で、とんでもないスゴいアイデア・気づきがふってわいてくる


この素晴らしいアイデア・気づきで、僕は何度救われてきたかわからないです。たとえば、さっきのリスニングの問題でいえば、「早いスピードで聞きとるには、その前に、早いスピードで話す訓練がなければならないということ。聞くためには口を動かすのが先なんだ」という画期的なアイデアが出ました。


こういう10回に1回ほど出てくる、気づき・アイデアは、まさに天からの啓示。天啓となる気付き・アイデアを自分に降ろさせるには、「ノートとペン」というツールをつかえばいいんです。


つまりノートとペンは、「あなたと天をつなぐ交信機器」なんだと思ってもらえればよいのかな、と思います。・・・これ、経験しないとわかんないだろうなぁ・・・と思いますが、まぁやってみてください。ノート100円、ペン100円。200円で天からとてつもないアイデアをいただけます。



ちなみにほかにもメリットがあって、頭の中を整理することもできる。そして自分の抱える問題を書きなぐっていると解決するような気になって心が落ち着くメリットもあるんですよね。


戦略ノートは、あるときは英語をいかに学んでいくかのメモになり、あるときは自分に足らない弱点を見つけ出す戦略図になり、あるときは効率的にリスニング力を高める方法を検討したり、あるときは同時通訳力を習得する方針をみつけだしたり、、、役立ちます。僕はもちろん天才ではないわけですが、「天才的な発想は」ノートから生まれるのです。これに僕自身が驚いたりしますね。


今の僕の「祐樹式英語戦略」は、すべて、このノートとペンから生み出してきたものです。あるときはカフェで、電車内で、電車待ちのホームで、タクシーで、ホテルで、空港で、フランスで、イタリアで、ドイツで、スイスで、オランダで、そしてアメリカで、、、この「戦略ノート」は僕の人生を変えてきました。


通勤中など、移動中にこそアイデアは生まれるもの。僕はよく思いついたことをノートに書いて天からのアイデアをいただいています。


僕は、自分の課題を感じるたびに、戦略ノートをつくり、そうやって、自分の英語力をぐいーんと改良させてきました。あなたにも戦略ノートを作る楽しみをお勧めしたいです。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは