六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】すごい!英語力をグイっと伸ばしてくれる最高級の英語の先生のみつけかた

young-858724_640.jpg


六単塾の祐樹です。今日は「英語力をグイっと伸ばしてくれる最高級の英語の先生のみつけかた」をお教えします。


あなたは「英語の先生」に教えてもらっていますか?英語は、日本人にとっては強敵ですから、先生がいないときついですよ。


あるいは、あなたには「最高」とおもえる英語の先生が味方にいますか?「最高と思える」「最高級の」英語の先生は確保したいところです。最高の先生がいる人は、英語がはやく上達しますから。あなたもはやく英語を上達したいでしょう?


そこで本題。最高級の英語の先生をみつけるにはどうすればいいんだろう。


いい方法、ございます。



【解決法】

現場の第一線で活躍しているかどうかで先生を選ぼう。



信頼できる先生を選ぶなら、今も「現場の第一線で活躍している人」を探してください。たとえば英会話の先生なら、今も英語や日本語を学んでいる人を。TOEICの先生なら、今もTOEICを受けている人を。


つまり、先生でもあるが、同時に生徒でもある人を選ぶのです。


僕が思うに、先生というのは、同時に生徒でもあるべきです。先生はとかく偉そうなことを一方的に言いがちですが、生徒の立場にたてば、適当なことを言っていることがすぐにわかる。だから、生徒の立場にもいる先生なら、絶対に適当なことを言わず、あなたのために全力を尽くしてサポートしてくれると思うのです。


英語の先生といっても、英語初心者の気持ちがわかっていないことが多いんですよ。実際に自分が初心者の立場になって勉強していないと、その初心者の気持ちはわからないんじゃないかな?


だから僕は、英語の先生も、自分が生徒として勉強する必要があると思う。そうすることで、初心者の立場を理解できるし、初心者になって自分が教えている勉強法でやって結果がでてこそはじめて、「結果が出た」と言えると思うんです。


というわけで、いまも現場の最前線にいる人、生徒として自分も勉強している、そういう英語の先生をみつけましょう。その先生は最高の先生です。あなたにやさしくしてくれるし、教えるのも格段にうまいはずだ。実力もぴか一です。最高の先生がいれば当然、その分あなたの英語力はグイグイアップします。


逆にいえば、その英語の先生が、いまも現場の最前線にいないのなら、その先生につくのはやめたほうがいいですね。初心者としての観点を忘れた、一方的な教えを強要されてはたまりません。相手にしないほうがいいと思います。



ちなみに僕のケースを言いますと、僕はいま「ドイツ語」を少しずつ学んでいるんです。


実は、僕はドイツ語には興味はないですし、別にドイツ語を習得したいとは思っていないのです。ただ、「僕の英語学習法が他の言語でも通用するか?正しいか?」を証明する必要があった。それを証明するにはやるしかない。そのため、必要にかられてドイツ語を「初心者の立場になって」勉強しているんですね。


その結果どうだったか?


気づかされた。おおいに気づかされました。「自分が初心者の方向けにわかりやすい話をしていなかったこと」に気づかされたのです。英語の初心者はもっと違うことを知りたかったということに・・・。そして自分は上から目線で上級者向けの話をしていたことに・・・。気づかされたのです。


初心者の立場に改めてなってみることで、初心者の課題が明確になったそのおかげで、僕自身が先生としてのレベルアップをしたと思います。先生と生徒とのバランスと一体感を感じました。先生として成長した瞬間ですね。そういうフィードバックがあったからこそ、六単塾は今の姿になったのだし、いまも改良をしつづけています。


むろん、六単塾の先生は、みな現場の最前線にいる人ばかりを選んでいます。ベストと言うにはまだまだおこがましい、まだまだ努力はいるだろうけれど、ベターとしては上々ではないかなぁと思っています。むろんベストを目指すけどね。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは