六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】楽しい!英語勉強が嫌いな人のためのちょっと楽しみになる勉強法

wreath-842237_640.jpg



六単塾の祐樹です。今日は「英語勉強が嫌いな人のためのちょっと楽しみになる勉強法」をお教えします。


先日、次のような質問をいただきました。


「海外旅行が好きで、毎年4月9月は海外に行っています。ただ、英語の勉強は嫌いなのです。嫌いなのですが話せたら、とは思ってます。贅沢な悩みかもしれませんが、こんな私でも英語を話せることはできるでしょうか?」


英語の勉強が嫌いな人でも、海外旅行では英会話をしたくなるものですよね。そんな人でも英語がうまくなるには、どうすればいいんだろう。


いい方法、ございます。



【解決法】

英文法の勉強をばっさり捨てる。

英会話をすこしおぼえてすぐ話す経験をくりかえす。



「英語が嫌いな人」というのは、「受験勉強が嫌い」なんです。


で、受験勉強というのは結局、「英文法の勉強」なんですよね。つまり「英文法の勉強が嫌いで苦手」というわけなんです。実際、僕がそうでした。英文法がよくわからなかった。当時は過去分詞とか言われて意味不明だったもの。意味不明なことを学ばされても、おもしろいわけがない。


だから英語が苦手という人は、まず英文法をしなかったらいい。捨てていい。


英文法できないと英語が話せないなんて言う人もいますけど、それ真っ赤なウソですから。英文法などやらなくても全然大丈夫です。このことは証明済みです。


英文法を知らなくても、英会話はできるんですよ。これ、僕が勝手に言っているわけじゃなくて海外の方が証明してくださっています。ですので、ある意味、日本の英語教育から脱却せよ!ということでもあるね。


繰り返すけど、英語が苦手=英文法が苦手なだけ、なんだ。英文法さえしなければ、英語の勉強が楽しくなりますよ。


英文法をしないで英語学習は簡単でね。「英会話文を少しおぼえて、その英会話をネイティブに試す」。このくりかえしだけでいいんです。マジかよ?と思われるかもしれませんけど、マジです。


この方法のポイントは「少しだけ英会話をおぼえて、その英会話をネイティブに試す」というところです。そうすることでムダな英会話をおぼえなくなりますし、楽しさが持続されます。


次はなんの英会話を話してやろうかな・・・」なんて考えながら英会話をおぼえていくと楽しいですよ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは