六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】できそう!英語がラクラクできて楽しくする絶妙の方法

fee1753e8d37025af7c46fe7adfcf508_s.jpg


六単塾の祐樹です。今日は「英語がラクラクできて楽しくする絶妙の方法」をお教えします。


先日、ご相談をいただきました。「英語には興味あります。ですが、つらい勉強は苦手ですし、できるとも思えません。ラクラクにできて、できれば英語が楽しくなる方法を教えてください。」というご相談です。


もしも英語学習が辛いものであるならば問題ですね。英語は、やり方を間違うと辛くなる。ということは逆に言えば、やり方によっては英語は楽しくなるということでもあります。


では、英語学習をラクで楽しい方向にもっていくにはどうすればいいんだろう。


いい方法、ございます。



【方法】

英語の勉強時間を最小化しよう。

英語の勉強タイミングを最小化しよう。



まずは「勉強時間を減らす」ことを考えます。大抵の方は、英語学習の時間が長いから辛く感じるんですよ。



1日30分の英語学習が辛いなら、1日20分にする。それで英語学習してみてください。1日20分の英語学習が辛いなら、1日15分にすればいい。


ここは1分単位で調整することが重要です。自分が辛くない勉強時間をつかみましょう。


次に「辛くない定期的なペース」をつかみましょう。


毎日の英語学習が辛いなら、2日ごとにする。2日の英語学習でも辛いなら、3日ごとにする。


ここは1日区切りで調整することが重要です。


このように英語の時間は「賢く」減らして調整しましょう。自分のペースにちょうどいいペースにするんです。そうすれば英語学習はずいぶんとラクになります。




英語学習とは、「英語を学びたい気持ち」と「英語の勉強時間」の戦いでもあります。英語は学びたいが、学びすぎると時間がかかりすぎて辛くなる。


ここで、「英語を学びたい気持ち」と「英語の勉強時間」がちょうどうまくバランスがとれるときがあるんです。英語を学ぶやる気が切れないぐらいで、勉強時間もきっちりとれている、絶妙のバランスがとれているときが。


この絶妙のバランスがとれれば、英語の勉強ってラクで楽しくなるのです。


そういうバランスをつかむために、英語の勉強時間を減らしつつ調整するわけですよ。


「ラクになっても英語力がつかなければ意味ないのでは?」そう思われる方もおられるかもしれません。でも大丈夫。「やってる英語学習が必要なことなら」大丈夫です。時間を減らしても英語力はつきます。


大体、やってる英語学習がムダなことなら、時間かけても同じことです。時間をかけようが減らそうが、英語力は伸びませんから。「どんな英語学習をやっているか」が肝ということね。ここさえ合ってれば、時間は最小限に減らせてラクになるってこと。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは