六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】いけそう!英会話力を1ヶ月で150%伸ばすための方法

fee1753e8d37025af7c46fe7adfcf508_s.jpg


六単塾の祐樹です。今日は「英会話力を1ヶ月で150%伸ばすための方法」をお教えします。


あなたが英会話をやりたいなと思っているなら、1ヶ月だけ僕にください。


1ヶ月間を捨てるつもりで、今回の方法を試してみてください。あなたの英会話、思った以上にいけるかもしれません。


実際、1ヶ月で150%も英会話力がアップすればうれしいですよ。僕の場合、「あー、確かに実力の違いがわかるわー前よりうまくなったわー」と実感できました。


ちなみに「英会話力」とは何か、わかりますか?


僕のいう英会話力とは…「おぼえた英会話の数」です。僕の記事を読まれている方はご存じだと思います。ですから1ヶ月でおぼえた英会話数を150%伸ばす、というのが今回の主旨なんですな。


というわけで本題。英会話力を1ヶ月で150%伸ばしたい。どうやればいいんだろう。


いい方法、ございます。



【方法】

1ヵ月目:

土日に1時間確保し、英会話文をおぼえる。

2ヵ月目:

平日に10分間確保し、英会話文をおぼえる。



以上のように、今回の方法では実際には2ヵ月間つかって英会話文をおぼえる方法になります。だから本当は1ヶ月じゃなくて2ヵ月を捨てるつもりでやります(笑)。でも損は絶対しないよ。


1ヵ月目と2ヵ月目で違うところは、土日にやるか平日やるかというところ。他に違いはありません。


それでは、1ヵ月目(土日に1時間覚える方法)と、2ヵ月目(平日10分覚える方法)。どちらが正解なのか?


結果的にみれば、2ヵ月目(平日10分覚える方法)のほうが効率が150%良いのです。実際に僕がやってみた結果を下記に書きますね。


【僕の結果】

・1ヵ月目

 - 月5日しか英会話学習できなかった

 - おぼえた英会話文は30個、思いだせたのはわずか10個

 - 20個は忘れてしまっていた

・2ヵ月目

 - 月15日、英会話学習できた

 - おぼえた英会話文は30個、思い出せたのは15個

 - 結果、英会話力が150%伸びた


以上のように、1ヵ月目よりも2ヵ月目のほうが、英会話力(おぼえた英会話数)が150%良いというわけです。


2ヵ月目の方法が正解。…なんですけど、あえて1ヵ月目の「土日だけ英会話学習する」も実際にやってください。1ヶ月で150%英会話力を実感できますから、週末に英会話やろうという気はさらさらなくなります。


といいますのは、英会話がいまいち伸び悩んでいる方は、英会話学習を「週末にためこむ」ことが多いんです。


英会話スクールやオンライン英会話も、土日に予約が入る傾向が高いそうです。みんな平日いそがしいから、土日にセッティングしたくなるんだよね。


でも今回の結果でわかりましたよね。土日にためこんでやるより、平日ちょこちょこやったほうが、150%も英会話がうまくなるんです。


だから平日に英会話をおぼえたほうがいいんだけど、わかってても、自分がいそがしいせいか、どうしても週末に伸ばす人もいます。


でも人は「自分で体験すると、判断を間違わない」。


だからあえて、1ヵ月目と2ヵ月目の2つのやり方を体験してもらうわけです。


あなたが自分で「これは週末にためこんでも意味ないわー」と実感して体感できれば、週末にするぐらいなら平日にちょこちょこやろう、という気になるはずですよ。


英会話力が150%伸びる下地はここからできるのです。


英会話を学ぶとき、平日コツコツと学べる人と週末に一気に学ぶ人にわかれます。


このうち英語で成功するのは前者のほうです。つまり英語は「コツコツ学べる人」が成功しますし、「一気に学ぶ人」は失敗する可能性が高いんですね。


逆に英語を一気に学ぼうとすると、挫折しやすい。これは上記データでも明らかですけど、「週末に英語いっぱいやろう」という気持ちは、挫折しやすいんです(笑)。


だから英会話学習は、週末にためずに、逐次やった方がうまくいく。ストレスと同じで、ためずにちょこちょこ解消したほうがいい。


一気にやらずにちょこちょこ進めば、登山と同じで、気づけば思った以上に凄く高い場所に到達できたりするよ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは