六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】面白い!ラクラクできる『朝コーヒー英会話』の勉強法

コーヒー


六単塾の祐樹です。今日は「ラクラクできる『朝コーヒー英会話』の勉強法」をお教えします。


(*´з`)<朝コーヒー英会話!


あなたはコーヒー好きですか?朝にコーヒーは飲みますか?もし答えが「イエス」なら、今日はちょっといい話になるかもですよ。僕は「朝コーヒー英会話」という新ジャンルを発見したのです。


朝コーヒー英会話はとっても簡単。朝にコーヒー飲んで、英会話をついでにやるという方法。


朝コーヒー英会話は、簡単でラクな方法だけど、でもこれが意外と効くんです。英会話でちょっと止まっている方にはお勧めかもしれません。むろん、コーヒーを愛飲される方にも効果的な良い方法でございます。


それでは朝コーヒー英会話、その全貌をお教えしましょう。



【方法】

1.美味しいコーヒーと英会話のテキストを用意

2.朝起きる

3.お湯がわくまで、英会話テキスト読む

4.コーヒーいれる

5.コーヒー飲みながら、英会話テキスト読む

6.コーヒー飲んだら終了



この朝コーヒー英会話の良いところは「コーヒーを飲む作業に英会話学習を入れている」ところです。これがすげーんですよ。


英会話やってる気にさせてない。ここがミソ。


理想的な英語学習とは、英会話を学んでいる意識がなく、機械的に勝手に体が動いていることだと僕は思っています。なぜなら、意識していなければ続くからです。


「よし、これから英語やろう!」と気負うのはダメ。それは素人のやることです。


気負わずに、自然に機械的に英語をやってた、というのがいい。


で、機械的に英語をやるには、ルーティンワークに英語学習を突っ込むといいんです。


ルーティンワークとは、毎日自分がやっている作業のことです。朝起きるとか、顔洗うとか、歯磨きするとか、そういう作業のことです。毎日やることだから、気疲れせずに自然にやっていることです。


このルーティンワークに英会話学習をつっこむのが戦略的に正解なんです。ルーティンワークは機械的にやっていることだから、英会話学習も機械的にできやすい。


僕にとっては朝起きてコーヒー飲むことがルーティンワークでした。なので、その朝のコーヒー飲む時間に、英会話テキストを読む時間を突っ込んだ。これがうまくいったわけです。


僕の場合、朝コーヒー英会話をしますとね、英会話テキストが、新聞みたいに読み物になりました。


実際やることといったらテキスト読むだけだからね。なにもおぼえなくていい。読むだけだから気軽です。気軽なんだけど、英会話テキストが頭に入るんですよ。例文、まるごと覚えてしまってました(笑)。


ついでに僕の友人にも朝コーヒー英会話をさせたんですけど、「ラク。本気で英会話する気にもなったよ」と好評でしたよ。


朝コーヒー英会話は健康的ですし、すぐにできるラクラクな方法。楽しいからぜひやってみてね。


あ、コーヒーが苦手な方は日本茶でもいいです(笑)。その代わり、とびっきり良いお茶でやってね。それが楽しいんだから(笑)。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは