六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】いける!英会話力を1年先も落とさずに今以上に成長させる方法

test


六単塾の祐樹です。今日は「英会話力を1年先も落とさずに今以上に成長させる方法」をお教えします。


(*´з`)<1年後が勝負だぜ!


さて、自分の英会話力が1年後もっと成長していたら嬉しいと思いませんか。確かに1年後なんて想像できないかもしれないですけど…。英会話が今よりずっと話せたら素敵な体験だと僕は思う。


ところが、1年後、「英会話力が明らかに落ちた」ということもまれにあるのです。


じゃ、本題。1年経っても英会話力を落とさずに、落ちるどころか成長させる方法ってないのでしょうか?


いい方法、ございます。



【解決法】

月2回、英会話レッスンの機会をつくる。

英会話の暗記量を月1個でも増やす。



基本的に、英会話力には現状維持はないんですよ。


英会話力は落ちるか伸びるしかないんです。


そして英会話力は定期的に話す機会があると伸びるんです。でも逆に定期的に話さないと、英会話力っておちます。


つまり英語は常に話しておかないと実力おちていくものなんです。話せなくなる。


日本語だってそうなんですよ。日本語だって常に話しておかないと、実力は落ちていく。


たとえば僕の場合を紹介しましょう。


僕は学生時代、高校の頃からアメリカに数年滞在していたことがあります。ところが僕がいたアメリカの環境は、日本語と隔離された環境だった。そのため、日本語を聞いたり話したりする機会は少なくなっていた。


その結果、高校生までバリバリ日本で住んでいた僕が、日本語がうまく話せなくなったんです。僕だけじゃなくて、家族全員がそうなりまして驚きました。


日本人だから日本語はいつでも話せるわけではないんです。日本人であっても、定期的に話さないと、日本語も話せなくなる。我々が日本語を話せているのは、日本人だからではなくて、日本語を定期的に話しているからなんですね。



だから「いま英語ができる人」であっても、英会話する機会は定期的にあるほうがいいんです。定期的に話す機会がないと、英会話力は伸びずに落ちていく。それは確実に落ちていく。


ですので月2回でいいので定期的に英会話をはなす機会を作りましょう。そうすると落ちずに伸びる方向に進みます。英会話スクールでもオンラインレッスンでもなんでもいいから。


僕の場合、定期的に英会話する機会をつくると

・月2回でも英語を話す機会があると刺激になった

・「英語もっとがんばらなきゃ」て気になった

・英会話力が落ちなくなった

というメリットもありましたよ。


そうそう、だいじなことを言うのを忘れてました。


定期的な英会話レッスンは、今の英会話力を落としはしませんが、英会話力を直接伸ばすことはしてくれません。


英会話力=覚えた英会話数、ですので。英会話レッスンは英会話文を覚えるようにはできていない。だから英会話力を伸ばすことはしてくれないわけです。


だから僕のお勧めは、英会話文を月1個でも暗記して、暗記量を増やしてください。月2回の英会話レッスンとは別に、英会話文を覚えてください。そうすれば英会話力は伸びる一方ですよ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは