六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】やったね!英語を勉強せずにTOEICスコアを40点アップさせた方法

test


六単塾の祐樹です。今日は「英語を勉強せずにTOEICスコアを40点アップさせた方法」をお教えします。


TOEICが40点もアップすると嬉しいですよね。40点ってかなり大きいですから。


40点の差は大きいです。たとえば会社からTOEICスコアで600点求められてる人には、560点が600点に一気にあがれば嬉しい。スコアの実績があればもう勉強しなくていいから(笑)。


しかも英語の勉強すらしないでスコアアップできる!こんな夢のような最高の方法があればだれも苦労しないですが、果たしてそんなことが可能なのか?


いい方法、ございますよ。



【解決法】

全問題を日本語訳して解く。



TOEICという試験は、知ってる人は知ってると思うけれども問題が非常に意地悪なのです。


ひっかけ問題が非常に多いんです。


でね、ひっかけ問題にひっかかる自分に嫌気がさして(笑)、昔、TOEICの模擬試験を日本語化して解いてみたんですよ。


日本語化するわけですから、英語の要素は一切ありません。完全に日本語の問題ですね。小学校で国語の試験を解いているようなものです。ちなみに ヒアリング試験も日本語にして音声化しちゃいました。


そうするとあら、不思議。


日本語なのに満点取れなかったんです。唖然としましたねーあれには。


でもおかげでね、どういう意地悪問題をTOEICが出してくるのかが、わかった。


たとえば4択の問題でも「完全な答えはない」問題もあるんです。他の3択を消去法で潰して1択を絞らなければ、答えがわからない問題ってあるんですよ。


こういうひっかけ問題・意地悪問題は英語というより読解力の問題です。


だからTOEICの日本語版を解いても満点とれなかったりするんですね。だけど我々はさすがに日本人ですから、問題の傾向とパターンがわかれば次は満点とれるようになる。


ですので、あなたもぜひ、TOEICの問題を全部日本語化して、解いてみてもらいたいんですね。問題も選択回答欄も、全て日本語訳するんですよ?ちょっと時間はかかるけど、お勧めです。


そして意地悪問題というか、ひっかけ問題の傾向とパターンを肌で感じてもらいたい。そうすればあなたのスコア、40点ぐらいバーンとあがるかもしれませんよ。


まぁ僕の場合は、その日本語問題を解く以外何もしてなかったのですが、スコアは40点アップしてました(笑)。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは