六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】基本の基本!英語学習を粘り強くやっていける意思の強い人になる方法

test


六単塾の祐樹です。今日は「英語学習を粘り強くやっていける意思の強い人になる方法」をお教えします。


粘り強くやっていける人ってあこがれますよね。意思が強い人はそれだけで「成功する人」「リーダー」って感じがしますしね。実際、意思が強ければ強いほど、英語ができる人が多いんです。


僕のように意外と飽きっぽい人にとっては、「意思の強さ」というのは人生の課題でもあります。だからこの話は実はとても重要で、英語をはじめる人に僕が最初に教える話なんですよね。


それで本題。英語学習を粘り強くやっていく、鉄壁の意思を持つような強い人になるにはどうすればいいんだろう?


いい方法、ございます。



【解決法】

英語を好きにならず、嫌いにもならない。

「英語はライフワークで続けてます」と普段、口にする。

「英語はライフワークで続けてます」と普段、人に言う。



あなたは英語は好きですか?キライですか?


「わたし英語好き」ていう人、改めた方がいいよ。それ負けフラグだからね。


英語はね、好きになると、途中で止めてしまうことが多いのです。一途に好きになると特にね。


というのは人間は、好きになったものは嫌いになることがある。英語では「かわいさ余って憎さ100倍」ってほうが正解(笑)。こうなると英語を途中でやめてしまうんだよね。


そして途中で止めてしまうと英語力は落ちてしまう。英語で勝つコツは「継続すること」だからね。


英語力の才能とは、続けられる才能と言ってもいい。実際、英語は継続できずに途中敗退してしまう人が圧倒的なんです。だから英語を続けてる人にとってはヘブン状態ですよ。何もしなくてもライバルが勝手に消えてくれるんだもの。


そのためには、英語好きにならなければいいの。だから僕は常々「英語は嫌いになったら元も子もないけど、好きになってもいけないよ」と言ってます。これで勝ちフラグが立つからね。


実際、

・僕自身、英語好きをやめたら英語が上達しました

・僕がアドバイスした生徒も一様に上達した。

・挫折していた生徒が、英語をやり直し始めました。

ということもあるからね。


英語を好きでも嫌いでもならない精神状態がだいじってことですね。これで英語を粘り強くやっていける下地ができる。


その上で、他人に宣言するんです。「英語はライフワークで続けてます」と普段、口にする。「英語はライフワークで続けてます」と普段、人に言う。


人というのは、口に出したこと、人に言ったことは、実現確率が上がると言われています。これはもうパレートの法則と同じぐらい有名な話。だから宣言しちゃうといいんだよ、というお話です。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは