六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】安心した!ネイティブにおかしいと思われない英会話をする方法

15.jpg


六単塾の祐樹です。今日は「ネイティブにおかしいと思われない英会話をする方法」をお教えします。今回の話は僕にとってかなり重要な戦略です。


実は英会話は、自分が英会話をするよりも、ネイティブに英会話をしてもらうほうがうまくなる。


つまり「聞き上手」であればあるほど、うまくなるんです。理由は、ネイティブの言い回しを体験できるからですね。


本から学んだ英文も大事だけど、英会話では古臭くて使わないこともよくあるんです。


たとえば日本語を勉強している外国人は、「すみません」を「失敬」っていう人もいる。失敬ってあまり我々は言わないでしょ?けれど日本語の教科書だけ学んだ外国人は、「失敬」と本に書いてあるから、失敬と言う人もいるんです。これって変ですよね。


要するに本から学んだ知識だけでは英会話はうまくならないよ、という話。さっきの「失敬」と同じ話ですな。


だったらどうすればいいか?


祐樹式で考えれば簡単で、ネイティブから本当の英会話を引き出せばいい。それを丸ごといただきだ。


そのためには、ネイティブとの英会話では「聞き役になる」ことが重要なんですよ。


じゃ本題。うまく聞き役になるにはどうすればいいか?


というと、相手の英会話に対して「うんうん」とうなづくといいの。



それだけで話好きのネイティブは調子に乗って、どんどん英会話をしてくる。調子にうまく乗せてあげるんです。それには「うなづく」んです。


「うんうん」とうなづくポイントは以下の通り。


1.相手の会話にかぶせずに、タイミングよく、うなづく。

2.うなづく言葉は「アイシー」「アーハ」「オーケー」といった言葉をランダムに使う。

3.相手の目をみてうなづく。


これだけで充分に、ネイティブの「本物の」英会話をまるごといただける。聞き役に徹することで本当に英会話はうまくなるよ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは