六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】なるほど!英会話を一瞬でさらっと話すための方法

002.png

六単塾の祐樹です。今日は「英会話を一瞬でさらっと話すための方法」をお教えします。


あなたは英文は読めるのに、英会話になるととたんに話せなくなることありませんか?実際、英文を読むならスラスラできるのに、英会話だと苦手な方は多いんです。


だから英文をスラスラ読むようにさらっと英語を話したいものです。スマートだし、英語してるって気になる(笑)。それにはどうすればいいんだろう。


良い方法、ございます。



【方法】

言いたい英会話は、つくらない。

言いたい英会話は、思いだす。

思いだせなければ、あきらめる。



「英語を読むこと」と「英語を話すこと」は全然違うものです。


英語を読む:「英語⇒日本語」にすること。

英語を話す:「日本語⇒英語」にすること。

真逆でしょ。


それで私たちは、英文を読むとき、どう読んでいきますか?


英語を読むときは、普通は英文法に従って、翻訳しますよね。それが僕たちが英語の授業で学んできたことだ。


ところが…英語を話すときはダメなんです。


英語を話すときは翻訳しても通用しない。


なぜなら僕たちの学んだ英文法は、「英語⇒日本語」はOKでも、「日本語⇒英語」はNGだからです。


日本で学んだ英文法は「日本語⇒英語」には非対応なんです。WindowsとiOSぐらい違う。別物なんです。


そもそも、日本で学ぶ英文法は特殊です。


日本で学ぶ英文法は、日本人の日本人による日本人のための英文法なんですね。これ、イギリス人やアメリカ人の話す英文法とは違うんですよ。まったく別物。


じゃあ僕らの学んだ英文法はなんなのか?


僕らの学んだこの英文法は、日本の偉い学者先生が「後付けで」つくった新ルールなのです。ある意味、本物の英文法じゃないの。


もともと日本語と英語はぜんぜん違う言語です。それを翻訳するために一定のルールを決めたんだね。それが僕らの知ってる英文法。だけど論理的に合致しないことが多く発生した。そこでその穴が出るたび、新ルールをつくった。それで英文法の教科書はあんなに分厚くなったわけだ。



というわけで、英語を読むときは英文法で翻訳してもらっていいんですけどね。英語を話すときは英文法で翻訳はしないでください。翻訳やってもいいけど英会話は通じません。


じゃあ英会話はどうすればいいか?英語を話すときは「英語を思いだす」といいんです。英文法はつかわないのです。翻訳もしない。思いだすだけです。



ということは、英会話は、英語を思いだせるかどうかで勝負が決まる。意味わかりますか?


思いだせたら、英会話がすぐにできる。

思いだせなかったら、英会話はすぐに終了。


そう、英会話というのは勝負は一瞬でつくのです。


そして、その勝負は、英会話する前に、どれだけ英語を覚えているかで決まる。


英会話する前に、もう英会話できるかどうかはわかるわけです。


よってあなたがもし英語を覚えていないなら、英会話する機会があっても無理に英語を話そうとせず、あきらめてください。


竹やりで戦車に向かっていっても太刀打ちできません。戦力を蓄えてから勝負するべきです。


英語を覚えてから、英会話の勝負をしにいってくださいね。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは