六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】わかった!英語の成績がそこそこだった社会人のための英語力アップ法

無題

六単塾の祐樹です。今日は「英語の成績がそこそこだった社会人のための英語力アップ法」をお教えします。


小中高と学校時代、英語の成績がそこそこ良かった方は多いと思うんです。でも社会人になってから英語を忘れてしまった人も多いのではないでしょうか。


実際、社会人になって英語に苦手意識をもっている人、多いんですよね。


それを「年齢のせい」という方もいるけど、僕は違うと思う。社会人になって英語がうまくなるかどうかは別の要素が絡んでいると思うんです。


では、社会人になってから英語力アップする方法はどうすればよいのか?


いい方法、ございます。



【解決法】

英語の読み書きをやめて、英会話をする。



先日、塾生といろいろ意見交換してたんですが。英会話の基本的なところが分かってない方がいましてね。なので念のため復習しておこうと思います。


まず頭にたたきこんでほしいのは、1つ。

「英語と英会話は異なるものである」ということです。


「どっちも同じじゃないか?」と思われるかもしれないけど。実は日本人にとっては、違うんです。


日本人にとっては「英語=受験英語」なんだよね。


でも受験英語って、英語じゃないですよ。だってアメリカ人は受験英語しないですよね。アメリカ人は英語を日本語に訳したりしないよね?


ということは、我々が学んでる英語は、英語じゃない。日本人向けの受験英語勉強法なんです。まず、これが英語勉強法の基本だから。ここを頭に叩き込んでおいていただきたい。


アメリカの英語の授業は、日本と全然違う。


実際、僕は高校の途中でアメリカの現地校に行きましてね。英語の授業(アメリカ人的には国語)も学びましたけども。ぜんっぜん違ってたから。日本の受験英語とは違う勉強法なんです。そのおかげで泣きそうになりました(大泣)。


ですのでね。私たちが小中高と学んできた勉強法は、受験英語ですから。本当の英語とは違うんです。


だから昔のように英語を読み書きしても、受験生ではない社会人には、通用しないんです。うまくいかないのは当然なのだ。


一方で、英会話は本当の英語よりのものです。日本の受験英語とは違う。受験英語が入り込む隙がない。だから当時の英語勉強法の成績が良くても英会話には通用しない。そういうわけです。


ちなみに受験英語が悪いと言っているわけではないですよ?ここは誤解しないでね。受験英語もいいところもある。けれど受験英語は、英会話とは違うんだ。世界で話されている英語とは違うんです。「別もの」なんです。


受験英語と英会話では、勉強法も全然違う。


受験英語と英会話では、「国語と数学」ぐらいの違いがあると僕は思っています。実際、「英会話って数学」だと僕は思っていますからね。英会話パターンを読めれば勝てますから。


昔は英語の成績がよかったけど、社会人になって英語ができなくなった方。


まずは、英語の読み書きをやめましょう。


あなたは英会話をはじめるのです。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは