六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】嬉しい!オンライン英会話や有名教材に頼らずに英会話力アップする方法

test


六単塾の祐樹です。今日は「オンライン英会話や有名英語教材で結果が出ない人の解決策」をお教えします。まずは質問をご覧ください。


【質問】

英会話スクールから英会話教材、英会話カフェ・・・。これまで幾度となくやってきました。しかし思うように英会話できたように思えません。どうすれば英会話ができるようになるのでしょうか?


いい解決法、ございます。


【解決法】

英会話の戦略で失敗しています。

「何を」目標に、「いつ」「どこで」「誰と」「何を」「どのように」学ぶか、変えてみよう。



英会話スクール、英会話教材、英会話カフェ。これらは勉強法でいえばいわゆる「戦術」です。


日本では、こういう英会話の戦術はたくさんあります。昔もたくさんあったし、今もどんどん生まれてきてる。いま流行りのオンライン英会話も、戦術の1つだよね。


一方で、こういう戦術を「いつ」「どこで」「どのように」使うか。そういう作戦もだいじなわけだよね。こういう作戦を「戦略」と言います。


戦術と戦略。似ている言葉だからややこしいね。けど、英語だとぜんぜん違う言葉ですよ。戦術=タクティクス。戦略=ストラテジーですから。意味も全然違うからね。


戦術よりも、戦略のほうが強い。「戦術<戦略」という関係です。


戦術と戦略を野球の例で説明すれば、戦術は選手で、戦略は監督みたいなもの。どれだけいい選手がいても、監督がダメだとそのチームは勝てないでしょ。逆に選手がそこそこでも、監督が一流ならチームは勝てるよね。それぐらい戦術よりも戦略のほうがだいじなのだ。


それで、「英会話スクール」「オンライン英会話」「有名な英語教材」のような戦術をつかっても、英会話で結果を出せていない人。こういう方は、戦略で失敗していると言える。戦略で失敗してるから、素晴らしい戦術をつかっても勝てないというわけだ。


英会話の戦略で失敗してるから、戦略で成功すればいい。英会話で勝てる。


それで、英会話の戦略というのは結局、「何を」目標に、「いつ」「どこで」「誰と」「何を」「どのように」学ぶか?ということなんですね。


ということは、

「何を」

「いつ」

「どこで」

「誰と」

「何を」

「どのように」

という「」の部分を、それぞれ改良すればいいのです。


「」の部分を、現在やっていることから改良して変えていけばいい。全部一気に変える必要はないよ。一部だけでも変えてみる。それで英会話で成功する可能性がみえてくるはずだ。


ちなみに、この英会話戦略というのは、個人によって異なります。人それぞれで英会話戦略は変わる。だから英会話戦略に一意な答えはないんです。自分にあった英会話戦略は、自分で見つけ出すしかないんですよ。


たとえば「いつ」英会話を学ぶかだって、人によって異なる。朝に強い人は早朝がいいだろうし、朝苦手な人は昼とか夜中が良かったりするわけだよね。このように「何を」目標に、「いつ」「どこで」「誰と」「何を」「どのように」学ぶか?を、1つずつ改良していく。


自分用の英会話戦略を探すのは、確かに時間はかかる。けれども自分にぴったりの英会話戦略がみつかったときは、心が震えます。その調子でいけば、英会話どころか世界の言語も話せると予感できるからです。英会話ができる人ってみんなそうなんです。


だから自分の英会話戦略をみつけることは、英会話教材をムダ買いするよりも、だいじなことなんですよ。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは