六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「もう一度言って」と英語でいえますか?

d58c5b895ecd16c43e0cd122e46d0296_s.jpg

今日は聞き返す時の英語表現をご紹介しましょう。相手が言った英会話が、聞こえない、聞きづらい、長くておぼえてられない時などありますね。

もう一度言って。)は英語で、Say it again. もう少し丁寧な表現では、(もう少し丁寧に言ってもらえますか?)Could you say that again ?と表現できます。

内容が理解できていない場合は、(おっしゃっていることが良く解らないのですが。)Sorry, I don't quite get you.と伝えます。

どういう意味ですか?)と聞いてみるのも良いでしょう。英語では、What do you mean? と表現できます。 要点を言ってほしい時には、(要点を言ってくれないかな。)Would you get to the point?と伝えましょう。

聞こえなかった場合には、(聞こえないよ。) I can't hear you.(聞こえなかったんだ。)過去形では、I couldn't catch what you said.となります。

聞き返す時も、やはり丁寧な口調で伝えると良いでしょう。聞き返す時の英語表現は、さまざまな場面で使えます。おぼえておくと役立ちます。

【例文を読む】

What for ?

何のために?

Would you explain that for me, please?

そこのところを説明していただけますか?

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは