六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「ねばねばする」と英語でいえますか?

test

季節の変わり目には、体調を崩しやすいもの。そんなとき、積極的に摂ると良いのが、「ネバネバ、ヌルヌルした食べ物」だそうです。そこで、今回は「ネバネバ」や「ヌルヌル」に関する英語表現を集めてみました。

「ネバネバ」にも、いろいろな表現がありますが、最も一般的といえるのは “sticky” でしょうか。”sticky chewing gum” (ネバネバしたチューインガム)や、”sticky dirt” (ベタベタ汚れ)のように使えますね。「納豆って、ネバネバしているから嫌い」は、”I don't like natto as it is sticky.” と、表現できます。

「納豆って、ネバネバしているから嫌い」

”I don't like natto as it is sticky.”

また、「ホワイトソースを作るには、小麦粉をバターで炒め、牛乳を加えて、ネバネバしてくるまで煮ます」と説明するには、”To make white sauce, butter flour, add milk and simmer into gruel.” と、言えばよいでしょう。

「ホワイトソースを作るには、小麦粉をバターで炒め、牛乳を加えて、ネバネバしてくるまで煮ます」

”To make white sauce, butter flour, add milk and simmer into gruel.”

”simmer into gruel” というのは、直訳すれば、薄いおかゆ状になるまで、という意味です。一方、”slimy” という語は、「ネバネバした」という意味もありますが、どちらかと言えば「ヌルヌル」でしょうか。

「ネバネバ」「ヌルヌル」に関する英語表現を紹介します。

【例文を読む】

うなぎはとてもヌルヌルしているので、素手で捕まえるのは難しい)

”The eel is so slimy that it's difficult to catch it with your bare hands.

(プールサイドはヌルヌルしているから、走ってはいけません。?)

Don't run on a pool side as it is slimy.

(ネバネバするキャンディーは歯に悪い。)

Sticky candies are bad for your teeth.

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは