六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「暗示をかける」と英語でいえますか?

26.jpg

(暗示をかける。)は英語で、(自身に暗示をかける。)という意味で、to suggest to oneself を使います。暗示は、英語で a hint。わずかな暗示は、a slight indication.を使って表現します。

不思議ですが、良い暗示をかけることで、あなたの心に魔法がかかり、本当にその通りになることがあります。

例えば、いつも通勤に遅刻ばかりしている人がいたなら、(僕はもう遅刻はしない。)英語でI'm never late.と自己暗示をかけたとします。すると、朝は意識が高まり早く起きられるようになることも実際あるのです。(私は遅刻しない。)なら英語で、I am not lateとつぶやき暗示をかけてみましょう。つぶやくことであなた自身の意識も変わります。

私は遅刻しない。

I am not late.

私は幸せです。

I am happy. 

このようにポジティブな自己暗示がかかる、つぶやきの英語をどんどん自分に言ってみてもいいかもしれません。

self‐fulfilling prophecyという言葉があります。これは予言したという事実がその実現をもたらすことを言いますが、毎日の生活の中でもポジティブな意識を持つと、心が元気になって、笑顔になって、学びたいことも毎日の生活の中に少しづつ取り入れることができるようになってきます。できることが増えてくるということですが、英語が話せるようになりたいと思う方は、(私はもっと英会話が上達したい。)英語で、I want to improve my English more.と自己暗示をするのはいかがでしょう。

私はもっと英会話が上達したい。

I want to improve my English more.

英語学習の目標を達成するまで努力を無理なく続けてほしいと思います。(良い)暗示をかけるという英語表現をおぼえて毎日の英語学習を進めてください。

【原文を読む】

What do his words imply?

彼の言葉は何を暗示しているのか。

I am suggestible.

私は暗示にかかりやすい。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは