六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「重箱の隅をつつく」と英語でいえますか?

c7777aef7eca499d3463c7d29eca99ec_s.jpg

日本語では、どうでもいいような細かいことにこだわることを、「重箱の隅をつつく」と言いますね。この表現、英語では何と言うでしょうか?

「重箱の隅をつつく」に相当する表現は、英語では、”make a fuss over details”(ささいな点について騒ぎたてる)や、hair-splitting(細かいことにこだわる)、nitpicky(細かいことに口うるさい)などがあります。

”nitpicky” の”nit” とは、シラミのことを指します。髪の毛などについている、小さなシラミを取るように、細かいことのたとえですね。また、そのように細かいことに口うるさい人を指して、”nitpicker” と呼ぶこともあります。

「重箱の隅をつつくような、細かい質問をするな」は、”Don't ask nitpicky questions.” と、表現できます。また、細かいことを言って嫌がられることを想定した前置きには、”not to split hairs”(細かいことを言うようですが)といった表現を使います。

”Not to split hairs, please don't smoke in the building.”(細かいことを言うようですが、建物内では喫煙しないでください)などというように使えますね。

「重箱の隅をつつく」と英語でいえますか?を紹介します。実際に使える英会話をおぼえておくことが大切です。

【例文を読む】

Don't be nitpicky about his behavior.

彼のふるまいについて、あまり細かいことにけちをつけるな。

Not to split hairs, it is outside my area of responsibility.

細かいことを言うようですが、それは私の責任の範囲外です。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは