六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「結構です」と英語でいえますか?

36d0933e9addf4cb8c3d594feb6d3a7d_s.jpg

今日は、断わりたい時に使う英語表現をご紹介しましょう。 自分の意思を相手に伝えることが上手くできないと、ストレスが溜まりますね。 いつもはっきりと伝えられない自分にいらだつこともあるでしょう。

"No. thanks."は英語で(結構です。)です。(やめておきます。)と英語言いたい場合は、"I'd better not."を使いましょう。断わりづらい時などは、(無理です。)"No chance." と伝えても良いですね。

相手がしつこく自分の趣味について押し付けてくる場合などは、(興味がありません。)"I have no interest." や (私はそんなことには全然興味がありません。)"I'm not in the least interested in such things."とポツリと伝えれば相手は、その話を続けることストップするでしょう。

相手が興味がないことを話し続けても面白くないものです。 断わりたい時に使う英語表現でおぼえておくと困った時に自分を守ることができます。

特に相手になんといったらよいか解らない人ほど、断りたい時の英語表現を幾つもおぼえて役立ててください。

【例文を読む】

I will decline that.

私はそれについてはお断りします。

I will turn that down.

私はそれをお断りします。

I will not accept that.

私はそれをお断りします。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは