六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「もう1度言ってください」と英語でいえますか?

93f571b724116e7752a696646082621c_s.jpg

英語でも、日本語でも相手が早口や声が小さい場合、相手が何と言ったのか?と聞き取れないことがあります。聞き返したい時の英語表現をおぼえていれば安心です。

日本人同士でも聞き返すことは時々あります。 ですから、 英語圏では、なおさら聞き返す必要が出てきます。 ビジネスシーンでは、解らないのにわかったふりをするのはタブーです。

解らない時には、聞き返すことが大切。 (何て言いましたか?)は英語で、"Sorry?"でも良いですし、何?なら"What?"なども使えます。

意味がわからない時には、(どういう意味?)と聞きましょう。"What does that mean?" と聞いてみましょう。ビジネス会議では、その場で質問しながら進めて行くのが一般的です。

もう一度言ってください。)と伝える時は、"Say it again, please." ですが、もう少し丁寧な言い方で伝えたい場合は、(もっとゆっくり伝えて頂けますか?) "Could you speak more slowly?" となります。

聞き返したい時の英語表現をおぼえておくと、日常生活や、ビジネス場面でもとても役に立ちます。 聞き取れない言葉が少し後になんとなく伝わってくることもありますが、解らないことはその場ですぐに聞いてみるようにすると良いでしょう。

【例文を読む】

Speak louder, please.

もっと大きな声で言ってください。

There is something I would like to confirm.

確認をしたいことがあるのですが。

What did you say just now?

あなたは今何と言いましたか?

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは