六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「禁煙席はありますか」と英語でいえますか?

830b29127d94485634143da696e3b165_s.jpg

たばこの副流煙の害が広く知られるようになり、非喫煙者の「煙を吸いたくない権利」が市民権を得るようになりました。最近は飲食店などでの分煙が、だいぶ進んできたように見受けられます。

この「分煙」は、英語では “separation of smoking areas” や、”no-smoking zone” と、説明します。初めて入ったレストランなどで、禁煙席があるかどうかを英語で尋ねるには、

禁煙席はありますか?

”Do you have a non-smoking section?”

と、聞きます。しかし、せっかく禁煙席に座っても、日本の飲食店では喫煙席と隣接している場合も多く、禁煙席にもたばこの煙が流れてきたりして、あまり意味がない場合もあります。

たばこを吸わない人たちにとっては、全面禁煙(total ban on smoking)や、完全分煙(complete separation of facilities for smokers and nonsmokers)の飲食店が望ましいところです。しかし、喫煙客をシャットアウトすることによる営業上のリスクや、日本のレストランの面積を考えると、実現はなかなか難しいのかもしれません。

分煙や禁煙にまつわる英語の表現を紹介します。

【例文を読む】

If there is any empty seat in a non-smoking section, I would like to move there.

禁煙席に空きがあれば、そちらへ移りたいです。

Unfortunately, all the non-smoking tables are taken.

あいにく、禁煙席は満席となっております。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは