六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「前向きに検討します」と英語でいえますか?

ビジネスの場で役立つ英語表現をご紹介しましょう。取引先との交渉で相手側から何か提案された際、その案に対してすぐに決断を下すことはできないが、今後良い方向に進めていきたいという場合、「前向きに検討します」と伝えますね。

それを英語では、” I'll give it serious thought.”と言うことができます。この中にある”serious thought”とは「じっくり考える」という意味で、相手の提案についてよく検討し判断したいという意図が含まれています。

日本人がよく使う表現の”I'll think about it” 「考えておきます」は、口先だけで真剣に考えるつもりはないというニュアンスを含んでいるため、提案に対しての答えが”Yes”よりも”No”に近いという印象を相手に与えてしまうことになります。

細かいニュアンスの違いをおぼえて、適切な英語表現を使えるようにしたいものですね。

【例文を読む】

Please participate in this project. - I'll give it serious thought.

このプロジェクトに参加してください。― 前向きに検討します。

I'd like you to do business with us. - I'll give it serious thought.

われわれと取引していただきたいと思います。― 前向きに検討します。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは