六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「あまり好きではありません」と英語でいえますか?

どんな言語でも、会話をしていたら「それは断りたい」という場面がでてきます。日本人は断るのが苦手と言われていますが、もちろん時には断ることや気持ちをはっきりと伝えることも大事です。さて英語ではどんな断りの表現があるのでしょうか。日本人がすぐに思い浮かぶのは“No,thank you.”(結構です)なのではないでしょうか?もちろん誤りではないのですが、言い方によっては少し冷たく聞こえてしまうかもしれません。日本語で「結構です」という場合にもニュアンスによっては少しつっけんどんに聞こえてしまうこともありますよね。そんなときには“Thank you,but I'm fine.”が良いでしょう。「ありがとう、でも結構です」といった訳になります。“No,thank you.”に比べてずいぶん感じがよく柔らかい雰囲気になりました。さらに“Thanks,but no thanks.”なら親しい間柄にぴったり。「ありがとう、でもいいや」という感じです。「できません」と伝えるときにも“No,I can't.”よりも“I wish I could.” 「できればいいのですが(できません)」と言う方が優しい印象です。英語の「断る」も様々なバリエーションがありますね。自分がしっくりくる英語表現を使って会話してみてくださいね。

【例文を読む】

I'm not too keen on Sushi.

寿司はあまり好きではないんです。(控えめに)

遠慮しておきます。

I will have to pass.

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは