六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「ありがとう」と英語でいえますか?

「ありがとう」の言葉は海外では海外では、日本よりも頻繁に使います。それでは今日は、“Thank you”の表現方法を幾つかご紹介します。

ありがとう)“Thank you”よりもう少し親しみのある表現は、”Thanks”気さくなありがとうでとして、 家族間などで日常会話で良く使います。感謝の気持ちを強く伝えたい時には、“Thank you very much”, “Thanks a lot.”など、副詞(very much, a lot、 so much,) をThank you の後ろに持ってきます。

人に何かをしてもらい、それ対してのお礼をいう場合なら”Thank you for?””for”の後ろは名詞または動詞+ingになります。

例えば、(いつもご支援くださりありがとうございます。)英語でいう場合、“Thank you for supporting me always.  (情報を共有して頂いてありがとうございます。)の場合は、”Thank you for sharing the information.“

ご連絡ありがとうございます。)は、“Thank you for calling.”になります。Eメールに対してのお礼を言う時は、(ご連絡ありがとうございます。)“Thank you for e-mailing.”

ビジネスシーンで引き合いに対するお礼を言う場合は、(お問い合わせ(引き合い)ありがとうございます。)“Thank you for your inquiry.”良く使う表現なので、おぼえておくと役立ちます。

カジュアルな表現では、例えば、(連絡してくれてありがとう)という場合は、“Thanks for getting in touch with me.”これは、(ありがとうね?)のような気軽な表現です。

(とにかくありがとう)と伝える時なら”Thank you anyway.“使いやすい表現です。ありがとうと言われると相手も気分が良いものです。是非みんさんも感謝の気持ちを相手に伝えてください。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは