六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「5時までに」と英語でいえますか?

(?まで)”till”と、(?までに)”by?“の区別は紛らわしくてややこしいいのですが、例文を見ていきましょう。

“I can wait till five.”(5時までは待てますが。)、 “Send me an e-mail by three.”(3時までにメールを入れてください。)

ビジネスミーティングの場面では、“The meeting lasted until 5.”(会議は五時まで続いた。)“The council began at 9:00 and should be finished by 10:45.”(会議は、9時に始まったので、10時45分までに終わるはずです。

“Please contact us with the opening date of the conference by 5 weeks before the conference day.”(会議開催日を会議日の5週間前迄に連絡ください。)(会議は5時まで。)“The meeting until 5:00”。

(?まで)”till”と、(?までに)”by?の違いを見てみると、(?まで)”till”は、近い状況や、、期限が厳しくない状況を表し、(?まで)“by?”は期限を表す状況で使う事が解ります。日本語で説明すると少しややこしいですが、英文でそのニュアンを読み取る方がずっと理解しやすいです。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは