六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

「もう一度おっしゃってください」と英語でいえますか?

英語を楽しもう!六単塾です。今日も英語表現をご紹介します。

「もう一度おっしゃってください」は英語表現が幾つかあります。"I ‘m sorry."(もう一度おっしゃってください。) “I beg your pardon?"( 失礼ですがもう一度おっしゃって下さい。) もっと簡単に言う場合は"Pardon?"“sorry"? だけでも通じてしまいます。

“I beg your pardon I didn't quite catch your name. "(もう一度おっしゃって下さいませんか。お名前がはっきりと聞き取れなかったものですから。)この様にもう一度おっしゃってください?その理由を伝えます。

“Please say once again."(もう一度おっしゃってください。)こちらの表現の方が言い易いという方もいて日本人には比較的使い易い表現です。

文頭にPleaseeばかりを使わずにその場に適したいろいろな表現を身に付け使い分けたいものです。英語圏のビジネス会議では理解できない部分はその場でストップをかけるのが一般的です。“Would you explain it again?"(もう一度説明してくださいませんか。

“Please explain it."(説明してください。)難しい言葉なので理解できない場合は"Explain it in plain terms, please."(やさしい言葉で説明してください。)

また解らない部分を抜き取りメモしておくのも一つの方法です。"Please explain these things"(これらのことを説明してください。)と理解できなかった部分だけを聞いてみるのも方法の1つです。

解らない部分はその場で質問が基本。相手は自分の言っていることを理解してくれることを望んでいます。遠慮せず英語表現をおぼえて聞き返しましょう。

なお英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみると英語が口から飛び出す方法を理解できると思います。こちらの記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚えてしまったコツとは

こちらもどうぞ⇒特別レポート「英会話は6単語でできるんです」無料プレゼント