六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「気がすすみません」と英語でいえますか?

英語では、断りの言葉と言うとNO!が頭に浮かびます。英語で断る時の言い方は、日本語と同じ様にいろいろあります。

ちょっとそれは。。。と英語で言う時は、” Sorry, but I ?。”そうしたいのは山々ですが。。。”Would if I could. ”  ビジネスアポイントで日時が合わない時の断り方で、先約があります。”I have a previous appointment.”

できない相談です。 ”An impossible proposition.”だめだめ!と首を横に振って断る様な場面では、”Nothing doing.” ビジネス上で、その話から降りますと伝える時、”Count me out.”

気がすすみません。と英語で言う時は、”Not feel like it.” 気がすすまない事は誰にでもあるので、その事を相手に素直に伝える事が大切です。

相手がせかしてくる時には、”Don't rush me.”と言いましょう。せかされると自分のペースがくるって仕事がスムーズに行えなくなる場合もあります。

相手が無理を言っている時など、困ってしまう時には、"Don't press me." 無理を言わないで。と伝えましょう。

また今度にして。と言う時には、"Maybe next time." 今は決められないけれど、また今度(考えておくよ)的なニュアンスで伝えることもできます。

断りの英語表現は、いろいろありますね。まるで日本語みたいですが、英語圏では、イエス、ノーをはっきりと伝える手段として、その場面にあった英語表現を使い分けることも必要です。断る場合の英語表現方法をおぼえて役立ててください。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは