六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「同意できません」と英語でいえますか?

”できません”は、ビジネス上で、断りの言葉として使います。せっかくですが、できません。と英語で言う場合は、”Sorry, but I can't.” 同意できませんと答える場合は、”I don't agree.” 別の言い方では、”I disagree.”があります。

できないと言う表現は、いろいろありますが、説得できないは、”not capable of。” ”決議できないは、”not capable of being resolved."

再生ができないと言う英語表現、”incapable of reproducing."証明できない、"not provable."緩和できないは、"incapable of being mitigated."などがあります。 

上司が部下に仕事を頼む、できません。”I cannot do it.”と答え、上司が聞き返す表現として“I impossible?“Can't they?"などがあります。

同じできないを伝えるにしても、理解していないからできない、”It cannot be understood、surpass (one's) comprehension” を使うことで、違ったニュアンスになります。

気持ちはある、けれど理解していないからできないという事を伝えることができます。どの部分が解らないからできないのかを伝えることもできると良いですね。理解すれば出来ます。”If it is understood, I can do it.”この英語表現をおぼえて役立ててください。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは