六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「見積書」と英語でいえますか?

今日は、営業で使う英会話表現を紹介しています。商談に入る,これを英語で言うと? Get down to business.になります。

商談がまとまりそうな気配、Seems like reaching an agreement. 商談をまとめるは、reach an agreement.商談がまとまって、やった!注文が取れた。これを英語表現にすると、Hurray! I've got orders.

逆に、だめ。努力のかいなし。Oh no… All my efforts came to nothing.上司に成果を報告しましょう。I contact my boss by phone about the results.

ビジネスチャンスは、いつどこにあるか解りません。諦めずにいろいろな方面から需要がないか考えてみましょう。場所を変えたり、方向性を変えたり、誰も思い付かない部分から仕事が結びつくこともあります。

次に、商品説明をする時の英語表現です。商品説明をするは、explain the product.例えば、彼は一生懸命この商品の説明をした。He explained about this goods hard.

見込み客に商品の実地説明を行う人、someone who demonstrates an article to a prospective buyer.

 ?に貼られた商品の説明書き、product description attached to. 商品説明をした後、初めて注文を受ける、get the initial order、大口の注文を受ける、get a big order、大量の注文を受ける take thousands of orders

海外から注文を受けるは、get orders from overseas、追加注文を受ける accept [take]additional orders、電話で追加注文を受けるは、receive a call for an additional orderになります。

正式な注文までの流れは、見積もり書⇒価格交渉、注文書の流れになります。商品は実際に手に取り目で見て、説明を受けることが何より重要です。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは