六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】インターンシップで職場体験

インターンシップで職場体験

海外インターンシップに参加する人が、少しずつ増えているという。「お金を払ってでも、海外で働く経験をしたい」と長い目で将来を考えている人を対象に、インターンシップ・プログラムも花盛りだ。

参加するのは、さらなるスキルアップを目指す人、違う分野への転向の足がかりとする人、いずれは海外就職を目指す人、とタイプもさまざま。共通しているのは、語学習得やアカデミックな勉強だけを目的とせずに、「+アルファ」の実社会でのメリットを重視していることだ。

海外インターンシップを通して得られるもの

*即戦力となるスキルや専門知識

*社会全体に共通するビジネス・スキル

*ビジネスの現場で使える生きた語学力

*自己表現力

*将来につながる人脈・ネットワーク

*国際感覚と異文化・日本文化の理解

*将来へのビジョン

インターンシップの背景

 アメリカの学生たちが、実際に就職する前に、

 夏休みなどの休暇を利用して、

 企業で就業経験を積んだのがインターンシップの始まり。

 仕事の専門知識やスキルを得ることが目的で、

 アルバイトとは異なる。平たくいえば、実習生・研修生という事だ。

 経験がないために、正社員としての就職が難しい企業でも、

 インターンシップでなら、受け入れられる可能性もある。

 本人の実力次第だが、実務スキルを身につけて、

 キャリアアップを狙うこともできる。

 アメリカの企業は、即戦力となる人材を採用する傾向にあるので、

 実体験があることは就職活動に大いに役立つのだ。

 現場に身を置くことで、関連業務について深く理解できるようになり、

 ホントにやりたいことが明確になる利点もある。

 日本でも、大学と協力してインターンシップを導入する

 企業が少しずつ出てきているが、まだまだなじみが少ないのが現状だ

英語力の目安

 プログラムによって、若干異なるけれど、

 英語力の目安は…

 ・TOEFL 500(CBT173)?525(CBT194)点以上

 ・TOEIC 600?780点以上

 ・英検 2級?準1級以上 語学研修付きの場合は、

  もう少しスコアが低くてもOKの事が多い。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは