六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】TOEIC・TOEFL対策

TOEIC・TOEFL対策

英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界約60ヶ国で実施されている世界共通のテストである。テスト内容はリスニングとリーディング、それぞれ100問ずつからなり、10?990点のスコアによって受験者の英語能力を評価するという判断となっている。

スコアで評価されるTOEICは次の目標がたてやすいのが特長。ハイスコアを目指すなら、まずは試験に慣れること、そして解答テクニックを身につけることがとても大切と言える。

TOEICのスコアアップに一番必要な要素は、語彙力になる。ではどのように語彙力をアップさせればよいかのか。それは、単語帳などを使って単語を覚えるとなかなか覚えられない。また、単語帳などで覚えたものはすぐに忘れてしまう。

そこで、リーディング問題の文章を使って覚えたほうがいいのである。覚えるときのポイントは、単語一つ一つを覚えるのではなく、覚えたい単語を含んだ節(かたまり)で覚えることがよい。

また、その中で重要だと思うものだけをピックアップして、ノートに書き出すのもよい方法である。50点ぐらいの少しのスコアアップでしたら、ちょっとしたことでスコアアップできるはずである。

特にTOEICの経験が浅い人ほど簡単にスコアアップできること間違いない。TOEICは英語の力を測る試験ですが、試験である以上、コツというものがある。

このコツをちょっとつかめば50点ぐらいであればスコアアップすることができる。時間配分、リスニング問題のリズム、文法問題の解き方などは少し練習すればコツをつかむことがでる。

200点のような大幅なスコアアップは短期間ではちょっと難しいであろう。大幅なスコアアップはコツをつかむだけでは不可能でだ。英語の力そのものを上げる必要があるからだ。

リスニングが弱い人は、リスニング強化を中心とした勉強法を、リーディングに時間がかかったり、理解するのが遅い人は語彙力をアップさせることや英文読解力をつけるなどを中心とした対策をしなければ意味がありません。

むやみやたらに英語をひたすら聞く、英語字幕付きの映画DVDを見る、問題集をひたすら解くのではなく、まず最初に「どのセクションが弱いのか?そして、それを強化するにはどうするのか?」という問題点をクリアにしてから徹底的にTOEIC対策の勉強に取り組みましょう。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは