六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

「2時以降なら大丈夫です」と英語でいえますか?

約束、アポイントの際に相手が提案してきた日時が大丈夫な時に使うビジネス英会話表現を紹介します。

取引先の人に、約束の日時を相談された時、会える日時を答える時には、“I can make it?”。Make it は、“会えるようにする”、“時間に間に合うという意味”があります。相手が提案してきた日時が都合よい時は、“That's”または“ That would be”。これに“良い”、“大丈夫”と言う意味の形容詞を続けます。Thatの代わりに決定した日時を使うこともあるのでおぼえて置きましょう。これらの表現は場所を決める時にも使います。相手が提案してきた日時では都合が合わない事もありますね。その際には、謝罪し、その理由を伝えましょう。その時には、“すみませんが”、“申し訳ないのですが”という意味のI'm sorry but?やI'm afraid?を使います。約束の日時を調整した次は、確認の意味を込めて“I'll see you ?”と決めた時間を告げ、電話を切ります。親しい間柄の場合は、I'llを省略することができるので、おぼえて置きましょう。この表現は、時間のほか場所についても使えます。営業や商談の際には、約束、アポイントが必ず必要となります。ビジネス英語表現をおぼえて役立ててください。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

I can make it on the 6th.

6日なら大丈夫です。

I can make it after 2.

2時以降なら大丈夫です。

The 6th would be fine.

6日なら異存はありません。

That would be OK/perfect.

それなら大丈夫/完璧です。

I'm afraid I have another appointment at that time.

申し訳ありませんが、その時間は別の約束があります。

I'm sorry I don't think I can make it then.

すみません。 それには間に合わないと思います。

 

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは