六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

who is calling の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、国際電話で電話をかけて来た人にどちら様ですか?と名前を聞く表現方法について紹介します。

時々、国際電話で自分の名前を名乗る事を忘れて電話をかけてくる人がいます。その時には、Who's this, please?=どちら様ですか?と相手の名前を聞いてから担当者に電話をつなぎます。この時のポイントは、最後にpleaseを付けることです。会社のイメージにもつながる電話の受け答えは、ビジネスシーンに適した表現を使うことが大切です。 Who's this, please?=どちらさまでしょうか?覚えて置くと役立ちます。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

Who's this, please?

どちら様ですか?

Who's calling , please?

おかけ頂いているのはどなたですか?

Who's this calling, please?

おかけ頂いているのはどちら様ですか?

May I ask who's calling?

どちら様がおかけ頂いているのか、伺ってもよろしいですか。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは