六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

for sure の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、英語圏でのビジネスシーンで、自信をアピールする際の表現方法を紹介します。

英語圏の人とのビジネスシーンでは、日本人の控え目な態度が、自信の無さと思われてしまうことが良くあります。自信の無さは、仕事相手としてふさわしくない、大丈夫であろうか?と相手に不安感を与えてしまいます。上司へは、頼りない印象を与えてしまいマイナスイメージになることもあります。英語圏のビジネスシーンでは、滑舌良い堂々と振る舞うスピーチが必要。日本で美得とされる持っている自信よりも控え目な態度は、逆効果です。自信ない時には、その事実を伝え、その理由を相手に説明すると良いです。堂々と振る舞うには、相手の目を見ること、声をしっかりと出すこと、姿勢よく、力強いジェスチャーなども取り入れると良いです。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

頼りなく思われる例1.↓

Yes, maybe I can do.

おそらくできると思います。

自信をアピール例2.↓

Yes. I can do it.

はい。もちろん、できます。

さらに自信をピール例3.↓

No problem. I can it for sure.

もちろんです。まったく問題なくやり遂げます。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは