六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

handled の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、仕事では、受け身表現を避け、シンプル、スマートに伝わる表現が必要。その表現方法を紹介します。

仕事では、トラブルやリクエスト時に、誰が行うのか責任主体を明らかにすべき事が多くあります。英文では、受け身にすると主語が解りにくくなる場合があります。文章に、動詞が入る場合は、I, We, Youを主語にしたシンプルな文章にします。主観でなく、客観的事実を伝えたい時は、I, We、Youなどの人称代名詞を主語にしない方が良いことがあります。シンプルに、スマートに、伝わる表現を覚えて置くとビジネスで役立ちます。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

リクエストがきちんと処理されていることを伝える場合の例

例文1.This request is being handled.

例文2.We are handling this request.

例文2.の方が責任の主体が明確

トラブルがじきに解決することを伝えたい時

例文3.This problem will be solved.

例文4.I will solve this problem.

例文4.の方がはっきりしている。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは