六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

clarify の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、ビジネス英語は複雑で解りにくい文章より、短くて理解しやすい文章が求められるという内容についてです。

ビジネス英語は、短くて細切れの文章が効果的です。仕事をするための英語は、複雑な長い文章よりも、誰にでもわかる短くて細切れの文章が求められます。もし、高度な文法で難しい文章を書いてしまった場合には、その文章を短く細切れにします。ビジネス英語は、複雑で解りにくい文章はマイナスのイメージを作ります。ビジネス英語で求められる短くて理解しやすい文章の書き方を覚えて置くと役立ちます。

 

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

長文の例↓

I am visiting your company at 2:00, in order to clarify the key issues in the new project, which was requested to report by Mr. Frost.

フロストさんに報告してくれとリクエストされた新しいプロジェクトの課題を確認する為に、2時にあなたの会社に伺います。

長文を短文に修正した例↓

I am visiting your company at 2:00.

6時にあなたのオフィスに伺います。

My objective is to clarify the key issues.

目的は、新しいプロジェクトで重要な課題を確認することです。

This is what Mr.Frost requested us.

これは、クラークさんが私たちにリクエストした件です。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは