六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

Could you say that again? の意味とは?例文で英語の意味を解説

英語を楽しもう!六単塾です。今日も英語表現をご紹介します。

今回の記事はCould you say that again? わからない時はこちらが解らなかった所を特定して繰り返して言ってもうらう。その表現方法を紹介します。

解らない時は相手の話が進みすぎる前に相手を止めて解らなかった所を特定して繰り返してもらうことが大切。例えば結論は分かったけれど理由が解らない最後の部分が理解できなかったなど解らないかったことを振り分けしていくと効率的に理解できない部分を埋めていくことが可能。相手も自分の言い方を別の言い方に換えてくれることもあるのです。同じことを言っていても表現方法を換えてもらうだけで意味が理解できることは多くあります。不意に話しかけられた一言が聞き取れない時にはExcuse me? 又はPardon meで十分です。Could you say that again?もう一度言ってもらえますか?などの表現方法を場面に合わせて覚えて置くと役立ちます。

以下例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

I beg your pardon?

もう一度お願いします。

Could you say that again?

もう一度言ってもらえますか?

I am sorry. I did not follow you. Could you please repeat that again.

すみませんついていけませんでした。 もう一度お願いします。

Could you repeat the last part?

最後の部分をもう一度言ってください。

なお英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみると英語が口から飛び出す方法を理解できると思います。こちらの記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚えてしまったコツとは