六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

be associated with の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、「be associated with 」=「関連付けられる」。特定の物事や活動、グループなどにつながりのあることを意味する英単語です。その表現方法を紹介します。

「be associated with 」=「関連付けられる」は、「接触」に、「特定の物事、活動、グループの一部として含まれる、加わる」をいう意味を含めた意味を持ちます。associateは、仲間へ加わる、一緒になる,というニュアンス。be associated withは、relateのように強い直接的な原因と結果のつながりというより、「相互に影響し合う、結びつきがある」というニュアンスなので「関連、関係」があるという意味で使います。関係するという英語は非常に多いですね。使い分けを覚えて置くと役立ちます。。

Bloat ware=重たいソフトウェア、academic performance=学力、environment=環境、be away=不在である

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

The repeated troubles with the OS are associated with some bloat wares already installed.

度重なるOSの不具合は、すでにインストールされている幾つかの重たいソフトと関係がある。

Low academic performances among children are associated with the family environment in which parents are away a lot.

子供達の学力の低下は親が留守がちな家庭環境と関連付けられる。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは