六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

relate の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、。活動や、状況の一部に関係する、含むという意味の英単語。その表現方法を紹介します。

「relate」=「関連させる」は、「類似、近い」ではなくても、何らかの形でつながりがあるという場合に使う単語。Involve=一部を含む、関係させる、かどうかは問いません。

AはBに関連しているという場合、A relates to B と前置詞toを使って表現します。Relateには、他動詞もあり、この場合、人relates A to B、人がAとBを関連させるという意味になります。元々は、動詞として存在している語が形容詞化して出来たものです。「関係する」という英語は沢山ありますが、その意味には、「内容が近い、似ている」、 「接触する、物事や活動」、「グループの一部として含まれたり、加わる」という分類に分けられます。覚えて置くと役立ちます。

Handle=扱う、green=緑化する

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

I've handled a job which relates to greening.

環境緑化に関係した仕事をしたことがある。

Project A and project B are closely related.

プロジェクトAとBは密接な関係がある。

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは