六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

be disheartened の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、「be disheartened」=「くじける」は、あることを続けるうえでの希望と決意を失うという意味で使う英単語。表現方法を紹介します。

「 be disheartened 」=「くじける」は、決意に加えて、希望まで失うというニュアンスがあります。上手く行くと思っていた将来への希望を失ったり、意欲まで失うというという意味があります。ビジネスでは、親しい間柄でなく、面識のない相手と話す場合や改まった席や丁寧な言い回しが必要な時に使います。将来に対する前向きな気持ち、希望を奪うような出来事があった時には、be disheartened という単語が適しています。be disheartened、この言葉を使う機会が起きない事を願います。ビジネスで、覚えて置くと役立ちます。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

Do not be disheartened if you cannot see quick results.

すぐに結果が出なくてもくじけてはいけませんよ。

He was disheartened because of the corporate restructuring.

会社のリストラのせいで、彼はそれ以上そこで働く気力を失った。

Quick result=すぐに出る結果、corporate=法人の、restructure=?の構造を改革する

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは