六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

go の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、「go 」=「運ぶ、進む」は、方向性を持って進む、発展するというニュアンスがある英単語です。その表現方法を紹介します。

「go 」=「運ぶ、進む」は、happenという点では、runと同じなのですが、developという発展、進展の意味が加わっていることが特徴です。goは、work , operateよりも漠然としていて、人の手から独立した雰囲気があり、単に起こる、生じる以上の発展、進むという奥行きを持っています。特定の機能や目的にかかわらず、事の成り行きやシステム等の運び具合を言う時には、goが一般的で自然な表現と言えます。覚えて置くと、ビジネスで役立ちます。

be going fine/well(仕事などが)うまく回っている, go wrongおかしくなる、間違った方向に進む、go the same way 同じ道をたどる

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

“How did the meeting with ABC corp. go?” “It all went quite fine.!”

「ABC社との商談はどうだった?」「いい具合に運んだよ!」

The ABC Co. had to reduce its business and workforce because of the recession, and it seems our company is now going the same way.

ABC社は不景気のせいで業務や従業員の削除を強いられたが、うちの会社もどうやら同じ道をたどりつつあるようだ。

The new complaint processing system is going very well.

新しく導入した苦情処理システムは上手くいっている。

Reduce=減少させる、workforce=労働力、recession=不景気

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは