六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

operate の意味とは?例文で英語の意味を解説

英語を楽しもう!六単塾です。今日も英語表現をご紹介します。

今回の記事は「work, operate」=「働く機能する」。 働く影響を及ぼすという意味で最も一般的に広く使われる英単語を紹介します。

「work, operate」=「働く機能する」は「work」一言ではその働き方が良いのか悪いのか伝えることができません。その為必ずwell(上手く)properly(適正に)という副詞やin our favor(我々に好都合に)against(?に不利に)などの前置詞とセットで表現します。「work」より使われる頻度は少ないのですが「operate」は,「work」と殆ど同じ意味で使います。機械器具が作動するという意味で使うことが一般的でシステムや組織サービスが機能するという意味でも使います。「Work」には「効果がある成果を出す」という意味がありますがこの場合は前置詞副詞との組み合わせは必須ではないことも覚えておきましょう。ビジネスではさまざまな事が上手く行く行かないなどといった表現を使うことが頻繁にあります。「work, operate」この英単語の表現方法を覚えて置くと役立ちます。

以下例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

The new complaint processing system is working well so far.

新しい苦情処理システムは今の所うまく機能している。

The contract seems to operate in their favor.

この契約は相手方に有利な内容になっている様だ。

We expect that this new alarm system will work in combatting shoplifting.

この新しい警報システムが万引き対策に効果を発揮してくれるものと期待しています。

Complaint processing system=苦情処理システムin one's favor=(人に)有利な

Alarm system=警報システムcombat=?と戦うshoplifting=万引き

なお英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみると英語が口から飛び出す方法を理解できると思います。こちらの記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚えてしまったコツとは

こちらもどうぞ⇒特別レポート「英会話は6単語でできるんです」無料プレゼント