六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

grateful for の意味とは?例文で英語の意味を解説

今回の記事は、「be grateful for」「・・・ありがたいと思う」、人が自分の為にしてくれた親切に対して感謝する、表現について紹介します。

【記事の概要】

「 be grateful for 」は、相手の親切を積極的に評価する、認めたい時に使う言い回しです。実際は、「thank」と同じ意味として、使われることが多いのですが、「grateful」は、「thank 」「appreciate 」と比べて、心の底から感謝の気持ちを伝える場合に使われます。「grateful」と言ってもらえたら、相手は、本当にこちらの行為をありがたいと受け止めているということになります。「grateful」は、形容詞なので「感謝している」と言う時には、be 動詞とセットで使います。感謝している内容を後に続ける時は、後にくる単語が名詞の場合は、前置詞for(例文1)、主語+動詞の時は、that節を使います(例文2)。感謝している対象(人)を後に言う時は、前置詞toが必要。覚えて置くとビジネスでも日常でも役立ちます。

以下、例文を幾つか記載します。英語の勉強で読んでみましょう。

例文1.

I'm really grateful for everything you've done for me.

私の為にいろいろとしてくださって本当にありがとうございます。

例文2.

We are extremely grateful that you helped us clinch this deal.

この商談を成立させる上でご助力頂いた事に大変感謝しております。

extremely 極度に clinch a deal 取引をまとめる

なお、英語表現をたくさんおぼえるコツは下記ページで解説しています。やってみることで、効率よく英会話を覚え、口から飛び出す方法を理解できます。以下の記事を読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは