六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話・TOEICの上達にお役立てください。

【英語コラム】星座と干支を英語で言えるようになる方法

f:id:rokutanjuku:20180817110404j:plain

今回は星座と干支を英語で言えるようになる方法についてお話します。

星座は英語でsignと言います。

それぞれの星座は英語で表すとこうなります。

牡羊座Aries、牡牛座Taurus、双子座Gemini、蟹座Cancer、獅子座Leo、乙女座Virgo、天秤座Libra、蠍座Scorpio、射手座Sagittarius、山羊座Capricorn、水瓶座Aquarius、魚座Piscesです。

全て大文字で書き始めることに注意してください。

例えば蟹座Cancerは小文字にするとcancerで「癌」というように違う意味を表してしまうので要注意です。

「何座ですか?」と尋ねる言い方は2通りあります。

1つはWhat’s your sign?で答えるときはMy sign is Aries.と答えます。

もう1つの言い方はWhat sign are you? でI’m an Aries.と答えます。

星占いhoroscope もしくはastrological forecastは日本でも人気ですが海外でも雑誌や新聞に載っていたりします。

「星占いをする」というのはread somebody’s horoscopeといいます。

「星占い師」はastrologist で「星占いを信じる」はbelieve in horoscopeと言います。

干支はOriental Zodiacや Chinese singsと言われます。

十二支はtwelve signs of Chinese Zodiac です。

干支はそれぞれ子Rat、丑Ox、寅Tiger、卯Rabbit、 辰Dragon、巳Snake、 午Horse、未Sheep、 申Monkey、酉Rooster、戌Dog、亥Pigです。

「年」というときはYear of ~とすれば良いので例えば来年だったらYear of the Dragon と表します。

相手に干支を尋ねる言い方も簡単で

What’s your Chinese sign?

「あなたの干支は何ですか?」

と聞きI’m a Sheep.と答えます。

星座も干支も全部覚えられると一番良いですがまずは自分の星座と干支から覚え始めて家族やまわりの友達の分を徐々に覚えていくと覚えやすいかもしれません。

一度お試しください。

英文をたくさん覚えるには?

「英文なんてそんなたくさん覚えられないよ…」と思っている方は実際に多いようです。

確かに読み流ししているだけではなかなか英文は頭に入ってこないものです。

僕も記憶力は弱いほうなのですが「1日10分で英文をあきれるほど覚える方法」を使うことで現在5万個ほど英文を覚えることができました。

「1日10分」というのがコツなのですが詳しくは下記ページをご覧ください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほど覚える方法