六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】洋書を使って英語表現を増やす方法

前回は洋書を味方につける方法についてお話ししましたが、今回はその洋書を使って英語表現を増やす方法についてお話します。そのためには、まず自分のレベルに合った洋書を選ぶことが必要です。Graded Reader と呼ばれる洋書があって代表的なものがPenguin Readers です。Easy Startsの単語数200語のものから、 Level6の単語数3000語、TOEIC800点以上の人を対象としたものまで洋書がレベル別にわかれているので段階的にレベルアップしていくことができます。各レベルの洋書を読んで理解できたら、それだけの単語力が自分の身についていることが分かります。

洋書を読むとき1回目は分からない単語があっても辞書を使わずそのまま読み進めていきます。読むときは黙読していると文字をただ目で追っているだけで、なかなか内容が頭に入ってこなかったりするので音読しながら読むと良いでしょう。2回目は蛍光ペンを使って分からない単語はピンク、使えそうな英語表現や心に残る英文を緑、と色分けします。ピンク色は辞書で調べ、以前ご紹介したように英英辞書と英和辞書を使って意味を調べると同時に、自分で新しく文を作ってみます。緑はそのままノートに書きためていき、自分のオリジナル英語表現ノートを作ります。

作ったノートは読み返した時、本のストーリーと一緒に思い出すことができて覚えやすくなっているはずです。興味のある分野の洋書をどんどん読んでノートに書きためていけば英語の表現の幅が広がります。

次に覚えておきたいことは時間を有効活用して英語を勉強する方法になります。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは