六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】"L"と”R"を発音する方法

チェスロックです。今日は"L"と”R"を発音する方法についてお話します。日本人の多くは、LとRが同じ音に聞こえてしまう悩みを持っているのではないでしょうか。”L”と”R”が同じに音に聞こえてしまう人は、”L”と”R”の発音が出来ないのです。私も”L”と”R”の発音に苦手意識をもっていた一人でした。

そこで、私自身は健康上何の問題もなかったのですが、事故や病気で言語障害になった方のリハビリを目的としていたスピーチセラピーに通うことにしました。セラピストは私が”R”の発音が出来ないことにすぐ気がつき、私は手鏡とステックを渡されました。そして、舌を口の中の上の部分につかないように、まるめて”R"を発音するように支持されましたが簡単ではありません。そこで、登場したのがステッィクです。読者の方は、このスティクの代わりに歯ブラシで代用できると思います。舌を歯ブラシで支えながら口の上の部分につかないように練習してみてください。手鏡を持つことによって、自分の舌の動きがわかります。

次に”L"ですが、舌を上歯の裏にくっつけて発音してみてください。こちらは、比較的に簡単に出来ると思います。

”R"の発音をマスターするには、練習あるのみです。歯ブラシと手鏡をつかって、何度も練習しましょう。そして、手鏡と歯ブラシを持ちながら、”R"や”L”のつく単語をどんどん言ってみてください。最後の仕上げの単語は、RealやEarl Greyなど、”R"と”L”の両方が入ってる単語を発音してみることです。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは