六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】読解力を身につける方法

岩原です。英語を勉強していくと、長い文章や構文を見ていったいどこに何がかかっているのかわからなくなり、単語ひとつひとつの意味を辞書で理解しても内容をいまいち把握できていない方をみかけます。

読解力を身に着けるには、当たり前のことですが文章をいかにたくさん読んでいるか、自分が書いているかにかかっています。テキストを眺めて興味のない分野を見ているとなかなか先に進まないのも事実です。難しい歴史書や論文などで私も大変苦労いたしましたが、たくさんの小説を読むことで自然と読解力が身についてきました。

映画に興味があった私はハリーポッターなどを洋書で購入し、辞書を片手に翻訳しながら読み進めていったものです。ぜひ興味のある本を洋書で購入してみてください。また難しすぎる、長すぎて小説は読めないという方は、雑誌やホームページでも構いません。とにかく文章に触れてみます。たとえば自分の好きな企業や車のホームページを英語で見てみましょう。たくさんの紹介文が載せられています。今後仕事で英語を使いたいと考えるならこうした紹介分の書き方は大きなスキルになってくれます。

次に上記にあげた書き取りですが、私は日本語の文章をひたすら英語に翻訳してノートに書き込んでいきました。最初は簡単な広告や雑誌からはじまり、新聞や取扱説明書なども翻訳していました。その都度ネットで本来はどういうキャッチコピーを使うのかを調べて正しい使い方を学ぶことで、間違ったままの英作文にならないように気を付けましょう。読解力があがる練習を繰り返すことで単語量やイディオム量が圧倒的に増えてきます。単語単体で覚えるよりも実際に文章に入った単語やフレーズを覚えるのは忘れにくく応用がききます。

家でじっくり行うタイプの学習方法を紹介してきましたが、気軽に外出先でも学べる方法があります。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは