六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語コラム】子どもに英語を学ばせるなら「外国人先生×プライベート」が有効だ

六単塾の祐樹です。こんにちは。

小学生の子供さんに英会話を習わせている方は年々増えています。その中、外国の先生か日本人の先生のどちらにするか、悩まれている方も少なくありません。これはそんな人のためのコラムです。

子どもに英語力をつけさせるなら「外国の先生×プライベート」

英語を子どもに学ばせたいのでしたら、「外国の先生でプライベート」がおすすめです。

子どもに英語を好きになってもらうには、外国の先生って結構重要なんですよ。日本人の先生はちょっと真面目なところありますけど、外国の先生は遊び中心みたいなところもあって、ユーモアもたっぷりありますから。子どもには受けがいいんです。

そしてレッスン体制は、グループよりプライベートがいい。英語を習得するなら日本人の環境を一切捨てきって英語の環境にすることがだいじですからね。グループだと日本人の生徒(子ども)がいますのでどうしても英語一色の環境にはなりにくいです。

英会話ができれば、ヒアリング力も高まります。ヒアリングは受験英語でも大事ですよね。ですので将来的にみれば結局、英会話を小さいころからやっておけば、最終的に受験英語にも役立つのは間違いないです。そういう意味でやはり子どもに英語を学ばせるのであれば、外国の先生というのが大事ですね。

外国の先生 × プライベート

ただし、だいじなことは、お子さんの意思ですね。お子さんはそもそも英会話に興味あるのか。英語がいやじゃないか。親子のお互いの意思がマッチングしないと、英会話のスクールは続かないものです。

たとえば、お子さんが「翻訳家になりたい」「海外に住みたい」といったことを少しでも話しているか。子どもの意思を尊重することで、子どもの英語ってはじめてうまくいくものと思います。

先生と気軽にやりとりできるのも大事

プライベートレッスンが良いのは、やっぱり先生と生徒の間が親密になること。気軽に話ができて、やりとりができることです。特に子どもの場合は、人がたくさんいると集中力が切れてしまいがちなので、先生1人が親身についたほうがやりとりもできて、仲良くもなれて、必ずレベルアップします。

僕の英語塾「六単塾」では、英会話の先生と生徒が1対1でメールでやりとりします。メールであっても、先生と1対1でやりとりできることの重要性を知っているからなんですね。

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。興味があれば読んでみてください。

1日10分で英単語・英文をあきれるほどおぼえてしまうコツとは