六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

ネイティブ外国人と英語で話し合えるようになる2つのステップとは 英語で言いたいことを伝えるのに英会話スクールは必要ない

 

六単塾の祐樹です。リアルの友達に「年2回は海外に行って現地の人と英語しゃべってるよ」と話すと高確率でこう言われます。

 

「いいなぁ!英語話せて!私も英語やってるけど全然だよ。どこの英会話スクールがお勧めなの?いまならオンライン英会話かな?」と。

 

海外に行く暇のない人が英語を話せるようになるには「英会話スクールに通うこと」「オンライン英会話を使うこと」の2つだけ。あなたもそう思っていませんでしたか?それは誤解です

 

日本国内にいたまま、言いたいことを英語で言うだけなら、英会話スクールは必要ありません。オンライン英会話も必要ありません。はっきり言えばネイティブや外国人という存在はいなくても英語を話すことは現実的に可能なんです。

 

すべてをお話しするとものすごい文章量になってしまうので、ここでは1つだけ。「言いたいことを言うだけなら英会話スクールは必要ない」ことについて解説します。

 

言いたいことを英語で言うのに英会話スクールは必要ない

英会話を学ぼうとすると、たいていの人は英会話スクールかオンライン英会話を選択しようとします。海外に常に行ける機会のある人は海外留学を選択する人もいますが、多くの場合は「英会話スクール」か「オンライン英会話」の2択を選ぶ人がほとんどでしょう。でもそれが間違いです。

 

英会話スクールやオンライン英会話を選ぶ理由とはなんでしょう?それは「ネイティブ外国人」の先生がいるからですよね。つまり英語が話せる現地の人がいる。だから英会話スクールやオンライン英会話が選択肢としてあがってくるわけです。

 

でも実際は、ほとんどの日本人にとってネイティブ外国人と話すのは時期早々です。

 

なぜなら「言いたいことを英語で言えない人がほとんど」だからです。

 

「言いたいことを言えないから、英会話スクールに通っているんじゃないか」と言われる気持ちもわかりますが、これは逆です。言いたいことを言えるようにならないと、会話にならないですから、その状態で英会話スクールに行ってもムダなんです。

 

英語を話せるようになるための2ステップとは

確かに英会話はお互いに話し合うから楽しいものです。

 

でも、お互いに話し合うのは時期早々かもしれないんですね。なぜなら、英語をお互いに話し合うためには、まずあなたが言いたいことを言えるようになるのが先ですから。はじめのステップは、あなたが言いたいことを言えるようになること。そして次のステップとして、お互いに話し合うことに進むはずです。

 

つまり「英会話を上達する」とは自然に下のような2ステップを踏むことになります。

 

  • ステップ1.言いたいことを英語で言えるようになる。
  • ステップ2.ネイティブとお互いに話し合う。

 

このステップ1を満足していない人が、このステップ2に到達するのは、まだ早いというわけです。

 

言いたいことをすぐに英語で言えないのに、お互いに話し合うことはできないです。それは会話じゃないですから。このステップ1をクリアできていない状態で、ステップ2に一気にいこうとすると難易度がハードになります。やっぱり階段を上るように、ステップを1つ1つ上っていくほうが簡単でラクですよね。だからまずステップ1を超えることを考える。

 

それで、ステップ1の「言いたいことを英語で言う」は、あなた自身の話になります。あなたが主人公で、あなたが言いたいことを英語できっちりスパッと言えるかどうかがすべてです。

 

言いたいことを英語で言うのに、ネイティブ外国人は必要ない

もしあなたが言いたいことを英語で言えない段階にいるのなら、ネイティブ外国人は必要ありません。英会話スクールに通う必要性もありません。

 

ステップ1を超えられていない状態では、話し相手がネイティブじゃなくていいんです。言いたいことを英語で言えるかどうかは、あなた自身の問題で、あなた1人で問題解決するからです。

 

ステップ1を超えてステップ2になったら、そのときに英会話スクールに行くことも考えてもいいかもしれませんね。でも、僕の経験上、ほとんどの人はステップ1でつまづいています。言いたいことをすぐに英語で言えない人が大半なのです。あなたもそうかもしれません。

 

だから、まずステップ1からはじめてほしいんです。「言いたいことを英語ですぐ言えるようにする」というステップからはじめてほしんですね。ムダなお金をかけずにまずはタダでできることからやるのが正解ですね。

 

英語の話し相手はワンちゃんでもいい

だからステップ1を超えようとしている段階では、あなたの話し相手は英語が話せなくてもいいんです。聞いてくれればいいんですね。話し相手は、ワンちゃんでもいいぐらいです(笑)。まぁ、ワンちゃんじゃなくて人間のほうがいいという理由はあるんですけど、それはまた別の機会にお話しします。

 

「言いたいことをパッと英語で話す」っていうのは難しそうに見えます。だけれども、難しそうに見えても実は小学生3年生ぐらいのレベルでしか過ぎないんです。ですよね。

 

日本人の子どもも、小学3年生ぐらいになってようやくまともな日本語を話せるようになりますよね。でも小学生3年生の子どもが、しっかりした論理的な話ができるか?というとそうではありません。小学3年生が、相手に伝わるようにわかりやすく説明できるか?というとそうではないことが大抵です。

 

つまり、小学3年生のレベルでは、とりあえず会話はできるけど、まだまだ大人としての会話力は不足しているわけです。英会話スクールに通うのはここからなんですよ。この小学生3年生ぐらいのレベルを超えないと、英会話スクールに通う意味はないんです。まともな会話にはなりません。

 

僕が言いたいのは、ステップ1の段階では、話し相手をネイティブスピーカーにする必要はさらさらないということです。

 

英会話レッスンで先生のコメントは不要?

英会話スクールに通う1つの理由として、「ネイティブ先生が教えてくれるコメントが貴重」という意見があります。これ、気持ちはわかるんですよ。確かにネイティブ先生が教えてくれることにはキラリと光り輝くコメントもあります。

 

でも、英会話レッスン中にあなたが話した英会話について、ネイティブ先生が何かコメントしてくれたらいいのですが、コメントされずに流されることも多いです。つまり言いっ放しです。朴念仁に話しているようなもので、だったら一人でつぶやいているのと大して変わりません(笑)。

 

英会話スクールも千差万別ですから、もしかすると親切な先生に当たれば、あなたの英会話に対して何かしらのコメントをもらえるかもしれません。でも、どういうコメントをもらうかというと、「その会話はこういう言い方がいいよ」「こういう発音で言うといいよ」というコメント2つに集約されます。でもですね、この2つのコメント2つはまったくもって不要のコメントなんです。

 

  • 「その会話はこういう言い方がいいよ」というコメントが不要な理由。
    最初から正しい英会話フレーズを知っていればいいだけだからです。正しい英会話フレーズをちゃんと調べておけば、あえてネイティブにコメントをもらう必要はないです。ネイティブの先生にわざわざ聞いてもらう必要はないんです。

  • 「こういう発音で言うといいよ」というコメントが不要な理由
    最初から正しい英会話の発音を調べておいて、自分で練習すればいいだけだからです。すべて自分でできることなんです。英会話教材もいっぱいあるし、ネイティブの発音そのものを聞く無料ツールも山ほどあります。

 

というわけで、まったくもってネイティブの先生のコメントは不要なんですよ。だから英会話レッスンに言って英語を話しているつもりでも、それは家で1人でしゃべっているのとたいして変わりません。なのに英会話スクールではお金も時間もたくさん取られてしまうんですよ。もったいないと思いませんか。

 

結局、英会話スクールで話さずとも、1人でぶつくさしゃべっているのとたいした差はないということなんですね。だったらスクールにわざわざ行かずとも1人で自分でやったらいいという話です。小学3年生までのレベルまではあなた1人で完結する話になります。

 

まとめ

ネイティブ外国人と英語で話せるようになるためには2つのステップがあります。「言いたいことを英語で話せるようになる」ステップと、「ネイティブとお互いに話し合う」ステップの2つです。英会話ができる人になるためには、必ずこの2つのステップを通ります。

 

1番目のステップ「言いたいことを英語で言うこと」は、ネイティブ外国人の存在は必要ありません。あなた自身で完結する話であり、話し相手は誰でも構わないのです。ワンちゃんであっても構いません。わざわざお金を払って、ネイティブ外国人に話を聞いてもらう必要はないのです。

 

1番目のステップは、小学3年生レベル。基本的な会話でしかなく、ネイティブ先生に教えてもらうほどでもありません。またネイティブ先生側としても、小学3年生レベルまで引き上げるのは至難の業です。小学3年生レベルの会話にコメントしたくともコメントできず、またそのコメントの価値も薄れてしまうのは仕方がありません。

 

よって1番目のステップをまず自宅で独学して超えることを目指すのが基本戦略となります。英会話スクールに通う価値は、1番目のステップを超えてからです。

 

2番目のステップ「ネイティブとお互いに話し合う」段階では、大人の会話、論理的な会話、相手のことを気遣える会話などを習得する段階となり、ネイティブ先生の存在は不可欠となります。

 

1番目のステップ「言いたいことを英語で言えるようになる」をまず自宅で1人で独学して超えること。まずはここを目指すことが英会話の勝利の鍵です。

 

この話の続き(裏話)はメールで限定公開しています。非常に重要なことを書いていますので、続きが気になる人はメールアドレスを登録してください。メールでお教えします。もちろん無料です!


メールアドレス入力