六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

家族の強力サポートで無料で爆発的に英語を話せる裏ワザ

六単塾の祐樹です。日本国内にいますと、英会話をする機会はあるようで意外とないものですね。そのため、日本人が英語を話すためには英会話スクールやオンライン英会話など、有料サービスを利用するしかないというのが定番になっています。

 

しかし、そんなお金をかけなくても、身近な家族と知人の協力を得れば英語を話すことはできます。それも、有料サービスよりも圧倒的に英語を話すことができるんです。今回はそんな「家族の強力サポートで無料で爆発的に英語を話せる裏ワザ」を解説します。

 

家族の強力なサポートがあれば、無料で爆発的に英語が話せる。

英会話スクールやオンライン英会話など、有料のサービスを使わなくても英語を話すことはできます。その裏ワザとは、家族の強力なサポートをつかうことです。

 

家族の協力を得て英語を話すことの最大のメリットは、「無料」ということです。

 

いま、日本で英語を話そうとすると、たいていの場合はお金がかかります。英会話スクールに行くか、オンライン英会話を利用するしかありません。低価格化が進んでいるとはいえ、やっぱりお金がかかるんですよね。

 

家族や仲の良い知人の協力を得ることができれば、お金をかけずに無料で英語を話すことができます。これはとても重要なことなんですよ。なぜなら「たかだか英語を話すだけにお金を払う」のは費用対効果が悪いからです。

 

「英語を話す」とはどういうことでしょうか?それは単純に、あなたがあなたの意志であなたが言いたいことを英語にして口から出す、ということですよね。それだけの話ですよね。それって、目の前に外国人やネイティブが必要ですか?ということなんです。

 

ほとんどの日本人には、英語を話すためにネイティブは必要ない。

ここで正直なことを告白しましょう。

 

僕の経験上の話ではあるのですが、僕の知人・友人・家族・六単塾の無料メールマガジンの読者(10万人)の様子を見る限り、自分の言いたいことを英語でスパッと言える人は5%もいません。そうなんです。言いたいことをスパッと英語で言うことができない人がほとんどなんですね。

 

「どういうことなんですか?」といいますと、言いたいことを瞬時に英語で言えないのに、ネイティブや外国人なんか必要ないでしょ、ということなんですね。

 

だってそうですよね。言いたいことを瞬時に英語で言えなければ、そもそも会話が成立しませんね。会話が成立しないのに、英会話スクールに行っても意味ないです。先生も困るにきまってます。そういうもんです。

 

それで、「言いたいことを瞬時に英語で言う」ようになるのに、ネイティブや外国人はいりません。海外に行く必要もありません。あなたの問題ですから。1人でできます。たった1人でできるんです。自宅にいたまま、一歩も外に出なくとも、言いたいことを瞬時に英語で言うことはできるんです。そういうトレーニングはできます。

 

だから多くの日本人にとっては、お金をかけてまで英会話スクールやオンライン英会話に通う必要はないです。あなた1人で、無料でできるんですよ。それはどういうことなんですか?というと、次の2つ、たった2つのステップをやればいいだけです。

 

  1. 言いたいことを瞬時に英語で言う訓練を、自宅で1人でやっておく
  2. 家族の強力サポートを得て、無料で英語を話す

 

以上の2つのステップだけです。意味わかります?「2」の部分。英語を話すのに、お金をかける必要なんて、この時点でないんです。

 

それでも、どうしてもお金をかけて英会話スクールに通いたいのでしたら、「元をとる」という観点が必要になってきます。

 

英会話スクールに通うなら、元を取らないと話にならない。

英会話スクール(オンライン英会話含む)というのは、消費というより投資の世界です。お金をかける代わりに、それに見合った英会話力を期待するわけですから。外でご飯を食べるのとはちょっと意味合いが違います。

 

外食でのご飯は、食べる喜びのためにお金を払うわけですが、英語を話すという経験だけでお金を払うのであれば、別に英会話スクールに行く必要はないわけです。近くにアメリカ人がいたら話せばタダだし、どうせお金かけるなら海外旅行に行く方法もあります。英会話スクール(オンライン英会話)は、娯楽にはなり得ないので、消費ではなく投資の世界になるのです。

 

英会話スクールやオンライン英会話を「投資」として考えれば、「元を取る」というのが基本になりますね。だからこそ、ムダなお金を絶対払わないということは実は英語学習をするうえで結構重要な戦略になるわけです。

 

というのは、誰しもつかえるお金には限度がありますよね。だからムダな費用をかけてしまうと、英会話が上達できる上限がすぐきてしまいます。だから英会話スクールに仮に通うとしたら、絶対に損したらいけないのです。

 

たとえば月に1万円かけられる人と月に2万円かけられる人では、単純に時間計算で2倍の差があります。同じ条件なら2倍の早さで、月に2万円かけられる人のほうが英語がうまくなっていきます。単純に、かけられるお金の差が、英語がうまくなる速度の違いになるわけです。

 

ところが、そのお金が「ムダなお金」だったとしたら話が変わります。

 

たとえば、もし億万長者の人が英会話スクールに行くとすれば、毎日レッスンをすることも可能ですよね。あるいは1日7時間のレッスンでも可能でしょう。だから他の人より英語がうまくなるのは当然に思えます。それだけ時間を使っているのですから。でも、そうではないのです。もしその英会話スクールがダメなスクールだとしたら、そのスクールにかける費用はムダなお金です。いくらそのスクールにお金と時間をかけても、1日7時間でも24時間かけたとしても、元はとれないどころか、相変わらず英語は話せないままとなります。

 

つまり僕が言いたいことは、お金があろうがなかろうが、億万長者であろうがなかろうが、ムダなお金をかけていたら成功は見込めないということです。ムダなお金をかけない力のほうが重要なのです。

 

ムダなお金をかけないためには、どうすればいいでしょう。一番簡単なのはもちろん「無料」のものを率先して利用することです。

 

そうです。家族や知人の協力を得ることができればお金はかかりません。

 

家族&知人は、英語を話せなくてもいい。

「家族に頼めば無料でできることはわかった。でも、うちの家族は英語なんて話せないよ!」と思われているあなた、安心してください。ご家族・知人は英語を話せなくて一向にかまいません。

 

重要なのは、あなたが英語を話す話相手を確保することです。それも無償で手伝ってくれる人を確保するのが大事なので、家族でいいのです。あるいは知人で構わない。ちなみに僕は祖母の力を借りていました。祖母はもちろん英語が話せないわけなんですが、ぜんぜん問題ありません。

 

英会話をするときに、話し相手を「ネイティブスピーカー」にする必要は全くないんです。なぜなら、あなたが言いたいことを英語で話すことのほうが重要だからです。

 

そう、話すのはあなたですよね。あなたが話すんです。話し相手が話すわけではありません。この段階では、別に相手と話し合う必要もないし、相手は誰だっていいということになるんです。

 

言いたいことを英語で瞬時に言うためのトレーニングとは。

ここまでの話を復習しましょう。

 

  1. 多くの日本人は、自分の言いたいことを英語ですぐに言えない人が大半です。この時点では会話にならないので、お金をかけて英会話スクールやオンライン英会話に行っても費用対効果が悪いです。
  2. だから、まず「言いたいことをすぐに英語で言う」訓練をしましょう。それができてからはじめて、ネイティブと会話ができます。その時点で英会話スクールに行くのならいいです。
  3. 言いたいことをすぐに英語で言うために、まず家族に頼んで、あなたの英語を聞いてもらうようにしましょう。

 

以上がここまでの概略ですね。そこで家族に頼んであなたの英語を聞いてもらうわけなんですが、その前にあなたが準備しておくことがいくつかあります。具体的には下記のステップになります。

 

  1. あなたが英語で言いたいことを洗い出す。
  2. 言いたい日本語に対して、100%正しい英会話フレーズを調べる。
  3. できればネイティブか英会話のプロにフレーズをチェックしてもらう。
  4. 日本語をみて2秒以内で英語で話せる訓練をする。
  5. ネイティブと同じ発音にできるように何度も発音練習する。

 

以上の準備をしておいて、「言いたいことを瞬時に英語で言える」状態をつくっておくんですね。この準備は1人でできます。英会話スクールに行く必要はありません。で、この状態ができてから、家族に頼んで、協力を願い、あなたの英語を聞いてもらうことになります。

 

ちなみに、話したいことがたくさんあったとしても、3つぐらいの英会話フレーズに抑えておくのが正解です。あまりたくさんフレーズを話そうとしても、その場で忘れてしまうことがあり得ますからね。3つぐらいなら、記憶に残すことはそう難しくはないでしょう。

 

家族の協力を得て爆発的に英語を話そう。

家族の協力を得る場合、一番簡単なのは「両親」「祖父母」に頼むことです。これが一番成功率が高いです。

 

たとえば祖父母に、「いま英語の勉強しているんです。英語を話す相手がほしいから、わるいけどちょっと話聞いてくれるかな?」と頼めばいいんですね。孫や孫娘がかわいいという祖父母の方なら、喜んで協力してくれるでしょう。

 

協力をしてもらえることになったら、次は、あなたが話したい言葉(日本語)のメモを家族に渡してください。そして「そのメモの日本語、読んでくれる?」と頼むのです。

 

ご家族がその日本語のメモを読んでくれたら、その瞬間にあなたはその日本語に相当する英語をしゃべってください。恥ずかしがる必要はありません。最初は恥ずかしいですけど、相手は家族ですから。最初はびっくりされるかもしれませんけど、「英語を聞いてくれるかな」と最初に断りをいれていますから、すぐにあなたが何をしたいのかを理解してもらえます。

 

  1. 「英語の勉強してるから話を聞いてくれる?」と家族に頼む。
  2. 日本語のメモを家族に渡して、その日本語を読んでもらう。
  3. 日本語に対する英会話フレーズをその場ですぐに話す。

 

家族の協力を得て、あなたが英語を話すというのは、以上で終了です。あっけなく最初は終わるかもしれませんけど、やってみたらわかるんですが、結構緊張するものです。他人に英語を話すというのは、相手がだれであれ、緊張するものなんですね。ましてや「言いたいことを英語ですぐに言う」となると、いろいろとプレッシャーも感じるものなので、すごく刺激的に感じると思います。

 

そして家族と協力を得ながら、このトレーニングを繰り返していってください。そしてあなたも気づくはずです。「ああ、これが英語を話すということなんだ」ということを理解できると思います。いままでやってきた英語学習が、英会話のトレーニングではなかったことも実感できると思います。しかもこれは「無料」でできるんです。

 

ちなみに家族の協力を得ながら、1日2日とやっていると、家族も英語に興味を持ってきます。「あ、この言葉(日本語)って、英語でそういうんだ!」と驚いてくれることでしょう。それがまた、英語を話す動機やモチベーションを上げてくれるんですよね。これが「強力なサポート」になる瞬間です。

 

僕は祖母や母の協力を得て、一切英会話スクールに通うことなく、英語を話すトレーニングをしていましたが、毎日楽しかったですよ。そして実力もつきました。家族の強力サポートを得なければ、いまほど話せていないと思います。

 

ちなみに英会話スクールの先生だからといって、「今から○○の英語を話します、聞いていてください」とは言いにくいものです。自分の家族になら「英語の勉強してるから協力してよ」とは言いやすいです。

 

家族がどうしても協力してくれないときは?

家族は、関係性がひどくなければ、大抵の場合は快く協力してくれるものです。僕はこれまで「家族が協力してくれなかった」という報告は受けていません。でも万が一、仮に家族が非協力な場合もありますよね。その場合の対策を解説しておきます。

 

まず、言い方によって家族に協力してもらう方法があります。これは簡単で、「家族のメリットがあることを伝えて、そのために協力してほしい」と伝えればいいんです。たとえば以下のように、言えばいいのです。

 

  • 「会社で昇進すれば収入が5万円あがるんだ。家計もラクになるし何かプレゼントするから、英語の勉強にちょっと協力してくれない?」
  • 「英語をもっとうまくなりたいから、英語の勉強にちょっと付き合ってよ。明日焼肉してあげるから」
  • 「明日のゴミ出し、私がやるよ。だからちょっと英語の勉強に協力してくれない?」

 

このように、家族が困っていることをあなたが手助けしてあげたり、家族が求めていることをあなたが提供することをエサにして、あなたへの協力を交換条件にすればいいんです。「損しない」と思わせることができれば、家族はいくらでもあなたの最強の味方になってくれると思います。

 

それでも無理なら、家族にこだわらずに知人や恋人に頼むのが良い策ですね。

 

まとめ

先ほどお話ししたように、多くの日本人にとって、話し相手はネイティブスピーカーがいなくてもいいのです。話す相手は、あなたの家族で構わない。あるいは知人で構いません。日本語しか話せなくても構わないのです。

 

ポイントは「あなたが英語を話す体験」なんです。相手はどうでもいい。大事なことは、言いたいことを英語で瞬時で言えるトレーニングをしておくことと、覚えた英語フレーズを他人に使うことです。それだけだから、話し相手はネイティブスピーカーはいらんのです。というか、むしろネイティブスピーカー相手にするほうが面倒くさいかもしれない。家族のほうがラクに頼めます。家族なら常に近くにいるはずだし、日本語が使える分、あなたに協力してくれると思います。

 

お金をかけて英会話スクールやオンライン英会話に行くのは、言いたいことを瞬時に言えるようになって、家族相手に英語を話す経験を大量に積んでからにしてください。そうでないと会話はできないし、第一、ネイティブ先生も困るんですよ。

 

でも、もしあなたが言いたいことをすぐ英語で言えるようになったら…そういうトレーニングと経験を積んだときには、あなたは英会話スクールに行かないかもしれません。というのは、英語を話す相手をみつけるために、英会話スクールでネイティブと話す必要はないですから。

 

たとえば、同じお金をかけるなら、英会話スクールに行くより海外旅行に行くことをあなたは選択するかもしれません。少なくともお金をかけて英語の話し相手をみつけるというのは、費用対効果が悪いというか、すごくお金を損している気分になると思います。まぁ、外国人との婚活のためにだったらお金かけてもいいかもしれないけどね(笑)。

 

なお、この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ