六単塾の「おすすめの英語表現を紹介します」

英語を楽しもう!六単塾がおすすめの英語表現を紹介します。英会話上達・TOEICスコアアップにお役立てください。

【英語Q&A】英語で言いたいことが言えない、すぐに出ない。対策は?

六単塾の祐樹です。こんにちは。
生徒さんから質問をいただきました。

■質問
英語で言いたいことが言えない、直ぐに出てこない。
長年勉強してきましたが、ずっとこれで悩んでいます。
それとリスニングも苦手です。


■回答
英語の上達にはインプットとアウトプットの両方が必要です。

長年英語を勉強されているということですので、今はアウトプットに力を入れる時期なのかもしれません。

英会話は、「話す」機会を増やすと格段に上がります。

日本人に限らず世界で活躍する英語圏出身ではないアスリートが、英語でインタビューを受けているのをよく目にします。
よく聞くと間違いも多いですし、とても簡単な文章構造であることが多いです。
しかし、「伝える」ということがしっかりと出来ています。
彼らが「伝える」ことができるのは「話す」機会が多いからにほかならないと思います。

まず、英語をアウトプットする機会を増やすことが大事だと思います。
その場合にはまず間違いなど気にしないことが重要です。

現在ではフィリピン講師などが教えてくれる「レアジョブ」などの比較的安価なオンライン英会話学校もあります。

もう少しひとりだけで勉強したいという場合には、頭の中でシュミレーションします。
頭の中で英語でどういうかな?と考えるクセをつけます。
こちらも非常に勉強になります。

頑張ってくださいね。

この話の続き(裏話)はこちらで限定公開しています。詳しくはここを押してください。

 


 無料プレゼント
 特別レポート「英会話なら6単語でできるんです」

特別レポート
「英会話なら6単語でできるんです」


この特別レポートでは、たった6単語で英語を話したり聞いたりすることができる方法をご紹介します。

実は英会話は、6単語あれば充分に話すことができるのです。なぜなら英会話では、短い英文ばかり使われるからです。長い会話に見えても、それは短い会話をつなげただけなのです。だから英会話なら短文で充分にできるのです。その短文とは「6単語以内」の短文でいいのです。

6単語以内の短文を使いこなすことで、あなたも英語を話すことができます。それも「パッ」と瞬時に口から英語が飛び出るようになるのです。加えてネイティブの早い英語も充分に聞き取れるようになります。その方法を本レポートでまとめました。簡単なのでぜひマスターしてください。

無料メール講座に登録された方全員にこのレポートを差し上げます。ダウンロード方法はこちらを押してください。



 カテゴリ